運動会のコーデ・服装はこれ!ママにおすすめのファッションまとめ

 

秋の運動会シーズンがやってきました。

この時期、子供の運動会に何を着ていくか悩むママさんもいらっしゃるかと思います。

運動会ファッションは立ったり座ったり(人によっては親子競技に参加したり)するため基本、動きやすさを最重視します。

でも折角の人目に触れる機会ですし、気張らずに何気ないオシャレして子供の運動会に参加したいもの。

 

そこで今回、おすすめの運動会ファッションコーデをまとめてみました。

是非参考にしてみてください ~☆

 

スポンサードリンク

運動会コーデ「上半身」

今年は全国的に残暑が厳しくなりそうです。

9~10月はまだまだ暑く、上半身は半袖+上着のスタイルがベストとなるでしょう。

シャツ・カーディガン

出典: Twitter

リネンシャツがおすすめ!

できれば襟付きシャツがあれば、襟を立てることで首元の日焼け対策ができます

汗の吸収・発散性に優れるリネンシャツは、残暑厳しい9~10月にも十分に活躍してくれるでしょう!

カーディガンは要注意!

カーディガンの場合、ワンサイズ上のものを選ぶとピッチピチにならずおススメです。

大きめのカーディガンがない場合、インナーをノースリーブにするなどして、二の腕が太く見えないよう工夫することができますよ♪

プロデューサー巻き

出典: Twitter

プロデューサー巻きのメリットは以下の通り。

  1. 二の腕を隠すことができる
  2. 首元の日焼け防止
  3. 体型カバー

 

カーディガンなら「肩かけ」

出典: Twitter

プロデューサー巻きと同じく、日焼け対策に有効。

また最近、肩にかけるだけのカーディガンも販売されており、肩かけはオシャレトレンドでもあります。(腰巻きしちゃうことも可)

カーディガンを羽織ることで、シュッと出た腕を細く見せる効果があり、上品なイメージも演出できます。

 

パーカーならメッシュタイプ!

通気性が良いメッシュ素材を使ったパーカーがおススメ!

ユニクロのメッシュパーカー

日焼け対策のUVカット機能と、

出典: Twitter

出典: Twitter

 

ユニクロのエアリズムUVカットメッシュパーカーは手元も隠してくれる優れもの!

フードで首元の日焼け対策もできるし、かなりおすすめのパーカーです。

 

運動会コーデ「下半身」

先ずスカートがタブーであることは言うまでもありませんね。

超定番「デニム」

濃色系がおススメ!

動きやすいパンツといえば、デニム!

薄色より濃い色のデニムをおススメいたします。

出典: Twitter

例えば、白色デニムは膨張して見えてしまうためウエストが太く見えてしまい、あまりおススメできません。

それに対し濃色デニムヒップラインがキレイ出せますし、引き締まって見える効果が期待できます。

ストレッチ素材がおススメ!

伸縮性があり、足を細く・長く見せてくれるストレッチデニムがおススメ!

 

 

ジョガーパンツ

 

ジョガーパンツのメリット

  1. 肌触りイイ!
  2. 裾がきゅっとすぼまり足元がすっきり見える
  3. 体を締め付けずリラックス感があり、動きやすい

 

春・夏に購入した方も多いと思われるジョガーパンツ

どちらかというと10代~20代の若い層に人気があるイメージですが、ブラック系や落ち着いた色(ベージュ・カーキ)をチョイスすればオトナ女子も全然いけます!

実は運動会ファッションに適したおススメのパンツです。

 

オールインワン

 

オールインワンのメリット

  1. 上着とズボンが繋がった服、いわゆる “つなぎ” のため、しゃがんだ姿勢のときに背中のチラ見えを防げる
  2. 着やすくて、なにより気になる体型をカバーしてくれる!

出典: Twitter

上半身・下半身ともに動きやすいオールインワンで、今年の運動会ファッションで周りと差をつけてみてはいかがでしょう。

 

ガウチョパンツ

 

 

観戦メインであれば、座ったときに楽なトレンドアイテムのガウチョもいいかも。

デニムと違って、肌にぴったりとくっつかないから暑くないですしね。

 

運動会コーデのまとめ

運動会コーデはとにかく

動きやすさ」と「日焼け対策

に重きを置くことが大切ですね。

プラスアルファ、体型隠しなどの対策も取れればベストです☆

 

あと、運動会ファッションで必要なものと言えば以下の4点くらいでしょうか。

  1. 脱ぎやすい履きなれたスニーカー(ヒールはだめですよ…
  2. 大きめのショルダーバック
  3. 顔・首周りの日焼け防止のための、つばの広すぎない深めの帽子(チューリップハットのような帽子がおススメ)
  4. アクセサリーは必要最低限(指輪・ピアスなど)

 

ちなみに学校によっては独自の校風があったりするため、あまりにもカジュアルな服装をしてしまうと浮いてしまう場合もあるかと思います。

その場合は、事前にママ友に相談するなどして、学校の校風に合った服装をすることが重要です。

 

 

 

スポンサードリンク