老人が老人を騙す詐欺の手口とは?高齢者(シニア世代)の孤独と不安

スポンサードリンク

 

オレオレ詐欺・振り込み詐欺など、老人を狙った巧妙で卑劣な手口の詐欺が社会問題化しております。

しかし最近ではなんとシニアがシニアをダマすという、いわゆる”老老詐欺“という詐欺が多数報告されております。

その老老詐欺に関し、本日6/23に放送された「ノンストップ!」(フジテレビ系)がその実態を特集しました。

出典: Twitter

 

詐欺で検挙された高齢者(65歳以上)の数は年々、増加傾向にあります。

老老詐欺の被害が広がりつつある今、ダマされないよう自己防衛するためにも、ダマす側の手口を理解することが重要です。

若い世代の人たちにとっても他人事ではありません。

自分たちの両親が、シニア詐欺グループのターゲットになっている可能性だってあるわけですから。

 

老老詐欺の手口は?

実例1:電話で儲け話をもちかける

騙す側(60台男性)
個人で株を購入する権利に当選したんですが、あなた様のご名義を貸して頂きたいんです。
え!?ちょっと…
騙す側(60台男性)
名義を貸してくれれば300万円渡しますよ
え、でも…
最近、生活が苦しいし、名義を貸すだけならいいかしら…

 

この話を持ち掛けたのは株式投資を通じて知り合ったメンバーで結成された平均68歳のシニア詐欺グループの一人。

この後の彼らの手口は以下の通り。

騙す側(60台男性)
国税の査察が入り捜査の手があなたにも及びます。あなたに名義貸しの解約金を請求しなくてはいけません。
そ、そんなぁ…

 

恐怖を感じた70代の女性は、現金を用意するため融資を受けようと金融機関へ。

しかし幸いにも、銀行員が詐欺の可能性に気づき、県警に通報し事件が発覚。

シニア詐欺グループの犯行動機は以下のもの。

生活費を含めてお金が欲しかった(福井県警の取り調べより)

実例2:訪問販売

先ず、訪問販売の営業マンに扮した若い男性が、老婦人宅へ80万円もする高級布団の訪問販売を強引に仕掛けます。

玄関先で布団のサンプルを強引に渡そうとして、わざと布団の商品サンプルを地面に落とし、布団が汚れてしまったとイチャモンをつけ、弁償しろと老婦人にすごみます。

 

しかし、後から駆け付けた上司役の60代過ぎの年配男性が、老婦人の目の前で

「お客様に何をしているのだ!」

と若い部下を叱りつけるのです。

そして老婦人に平謝りし、お詫びに布団の無料点検をさせてほしいと懇願。

 

ホッと安心した老夫婦は、その年配の上司を家にあげ、布団の点検をさせてしまいます。

布団点検後、その年配の男は老婦人に、

  • 腰痛で困っておりませんか?
  • 梅雨時はつらいですよね
  • 私はこの布団を使ったら腰痛が治った

など、同世代だからこそ共感できる悩みを武器に、話をドンドン膨らませ最後に老婦人に以下のように伝えます。

騙す側(60台男性)
これも何かのご縁。80万円する高級布団を、特別に半額以下の30万円でお譲りしますよ。
え!?いいんですか?

 

老婦人は迷わず、購入しました。

実は、部下役の若者が首謀者。

この若者が上司役のシニア男性とコンピを組み、老婦人をダマしたのです。

老婦人に売りつけた布団は、5~6万円で購入できるもの。

この手口は、一瞬相手を安心させた上で契約にこぎつける巧妙な手口になっております。

首謀者の若者があえて年配男性を詐欺コンピに選んだのも、シニア世代は同年代のシニアに対し共感しやすいという心理を利用するため。

若者がシニアを詐欺仲間に引き込んだケースです。

 

実例3:交際詐欺

一人暮らしの70代の男性。奥さんに先立たれ、子供たちとも疎遠な状態。

そんなシニア男性がハマっているのはシニア専用の出会い系サイトで出会った70代女性とのメールのやり取り。

相手も夫に先立たれており、似た境遇ゆえに二人は意気投合。

女性が男性宅まで来て料理をふるまい、男性側もお礼のプレゼントを渡すなど、二人の関係は親密なものに。

あるとき、女性側から切羽詰まった声でシニア男性に電話を掛けました。

騙す側(70台女性)
親戚が倒れたって連絡が来てパニックになってしまって…
そ、そうか。何か僕にできることはないかな?
騙す側(70台女性)
まとまったお金が必要なのよ…
よし、分かった。何とかしよう!

 

男性は、入院と当面の生活費という名目の40万円を相手女性に渡しました。

この後、このような金銭のやり取りが何度か続き、男性はトータルで600万円もの大金を女性に渡してしまいました

男性のご家族(娘さん)がおかしいと気づき、相手女性を調査した結果、シニア女性の名前・住所は偽りのものだったことが判明。

今、男性側のご家族が弁護士に相談されているとのことですが、肝心のシニア男性本人は自分はダマされていないと言い張っているのだとか。

 

スポンサードリンク

 

シニアが犯罪に走る理由は?

シニアが抱える3大不安

お金

老後の蓄えもなくなってきた…

健康

自分の老後にどれだけ医療費がかかるのか不安だわ…

孤独

女房に先立たれ、いまや独り身。いつかは施設に入らないといけないなぁ…

 

将来に対する不安、そしてその根本にあるのはやはり お金の問題です

 

ダマす側もダマされる側も同じ不安を抱えている

シニア世代が何に対し、不安を抱えているのか。

シニアの悩みをよく理解しているシニア詐欺グループだからこそ、そこにつけこみ相手をダマそうとします。

そしてダマされる側も、

まさか自分と同年代の人がダマしてくるはずがない

という思い込みが働き、油断し、思わず心を開いてしまい甘い話にまんまと引っかかってしまうのです。

 

こうした孤独や金銭面の不安に付け込んだ犯罪をなくす対策として、シニア世代の孤独を少しでも解消することが重要と言われております。

例えば、あなたが60歳以上の別居されているご家族がいるとします。

そのご家族に、定期的に電話かけるなり、家を訪問するだけで、シニア世代の孤独感は少しでも薄らぐはずです。

 

現代日本が直面する大きな社会問題である高齢化。

身近な家族・親戚や地域社会がうまくセーフティーネットとして機能してくれればいいのですが…。

都市部の孤独死など、問題はまだまだ根深くそして山積みです。

 

スポンサードリンク