身代金ウイルスはスマホも感染!おすすめ対策ソフトは?駆除は可能?

 

身代金要求型ウイルス(ランサムウェア)の被害が世界各地で急増しております。

この新手ウイルスによるサイバー犯罪ですが、日本でもすでに猛威を振るっております!

トレンドマイクロ調査によると、身代金ウイルスの被害件数は去年2015年の800件に対し、今年の上半期だけでなんと1740件に

出典: Twitter

 

警視庁も本日9/27、データ解析や暗号解読を競う「サイバーセキュリティ競技会」を開催。

サイバーセキュリティに関する職員個々の対処スキルを向上させることが目的ですが、開催の背景には今、サイバー犯罪が多発しているという大きな問題があるためです。

重要な顧客データを預かる企業だけでなく、大切な写真や動画を端末に入れている個人ユーザにとってもこの身代金ウイルスは他人事ではありません

 

 

スポンサードリンク

身代金要求型ウイルス(ランサムウェア)に感染したらどうなる?

感染時の画面

端末ロック型タイプ

出典: Twitter

上の写真のものは、端末の画面をロックしてしまい、端末操作をできなくしてしまうタイプ。

 

暗号化型タイプ

出典: Twitter

出典: Twitter
これは暗号型タイプで、あなたのパソコンやスマホ端末に入っている大切な写真・動画、そして文書などのファイルが暗号化されて開けなくなるという恐ろしいウイルスです。

こうなるとファイルは元には戻せなくなってしまいます

 

画面ロック状態、または開くことができなくなったファイルが「人質」になる

ウイルスは画面上に脅迫文を表示します。

以下のようにユーザーに脅迫するのです。

身代金ウイルス
画面ロック解除、またはファイルデータをなおしてほしいなら「身代金」を支払え

 

そのため、このウイルスは身代金要求型ウイルスと名づけられました。(ちなみに英語ではランサム(ransom)ウェアといいます。ランサムとは「身代金」の意。)

 

 

尚、身代金を実際払ってしまったケースは何と全体の63%にも及ぶとのこと。

特に企業の場合、ウイルス感染で業務が滞ってしまい早期復旧の術も手立てもないため、高額な身代金を泣く泣く支払ってしまうことが多いのだとか。

その支払額としては

300万円以上

のケースが多いというから驚きです・・・(このウイルスに感染してしまうと多くの人がパニック状態になってしまうとのこと)

 

身代金ウイルスが狙う対象端末・OSは?

一番危険なOSは、やはりユーザ数の多い主流のWindows OS。

信頼性あるウイルス対策ソフトを入れておくことが重要です。(ほとんどのウィンドウズユーザーが何らかのウイルスソフトを入れているとは思いますが)

アンドロイドスマホが狙われている!?

出典: Twitter

 

Android(スマホ)Mac環境でも被害が多く報告されております!

Macの安全神話はすでに崩壊しておりますので、Appleユーザの方も要注意です。

基本、どの端末・OSを利用していようとも、対策は必須!

(スマホの場合、端末に挿入されたメモリカードの中の写真・動画ファイルデータを暗号化してしまう「スマホ向け身代金要求型ウイルス」もすでに見つかっているとのこと)

 

スポンサードリンク

 

どのようにして感染してしまうのか?感染経路・手口は?

受信した添付ファイルを開いてしまう

身代金ウイルスの添付ファイルを開いてしまうと、端末がウイルスに感染してしまいます。

そうなると感染した端末では、ファイルデータが勝手に暗号化され、もう開けなくなります。

見知らぬ相手からのメールや迷惑(スパム)メールの添付ファイルは開かないことは鉄則です!

ただし、あたかも自分自身が自分に送ったかのように見せかけるものまであるため、本当にたちが悪いのが実情。

 

ネットサーフィン中

ウェブサイトを閲覧しているだけでウイルス感染してしまうケース(ドライブバイ・ダウンロード攻撃)。

これは不正なURLをうっかりクリックしてしまい、身代金ウイルスを拡散するサイトにアクセスしてしまったことが原因。

とにかく信頼性が低そうな怪しいウェブサイトには訪問しないようにすることが重要です。

  • Adobe Flash Player
  • Adobe Reader
  • Java(JRE)
  • Windows update

上の4つは最低限、最新状態に更新しておくことが対策につながります。

 

身代金ウイルス(ランサムウェア)のおすすめ対策ソフトは?

ウイルスは端末OSの脆弱性を狙います。

そのウイルスが侵入しようとする穴(セキュリティーホール)をつぶすことが予防につながります。

そのためにはやはり、ウイルス対策ソフトをインストールすることが一番の有効な手段であり、安全策となるでしょう。

 

やはりウイルス対策ソフトは大手のものをおすすめいたします。

世の悪意あるウイルス作者はあの手この手を使いどんどん新手のウイルスをまき散らしてきます。

そのため、無料ウイルス対策ソフトよりは最新ウイルスへの対応が圧倒的に早い有料ソフトを導入することが一番安心ではないでしょうか。

 

トレンドマイクロ(TREND MICRO)

スマホ対応OS
Android: 4.0/4.1/4.2/4.3/4.4/5.0/5.1/6.0、
iOS: 9.0/9.1/9.2/9.3

マカフィー(McAfee)

スマホ対応OS
Android 4.0以降またはiOS 8以降に対応

 

あと個人ができる対策としては、OSやセキュリティーソフトを最新状態に更新しておくことくらいでしょうか。

もちろん、ウイルス対策ソフトも完ぺきではありません。

悪意あるウイルス作者と対策ソフトとのいたちごっこは永遠に続くのです。

そのため、大切なデータは複数の外付けハードディスクなどにこまめにバックアップをとっておくことを強くおススメいたします。

 

とにかく身代金ウイルスに感染したら駆除は難しいとお考え下さい。

データ復元は先ず不可能に近いでしょう。(ただ、警告文だけを表示させるような簡易タイプのものもありますので、その場合は駆除できる可能性はあります)

 

 

 

あ、あと最後に。

 

身代金を要求されても

 

絶対に支払ってはダメ

 

ですからね!

 

結局、支払ってしまう人がいるから、ウイルス作者は儲かり、そして新たにウイルスを作り、まき散らすのです。

 

 

スポンサードリンク