井上芳雄ロス?知念と結婚で新プリンスロード?綾野剛似の塩顔男子!

スポンサードリンク

 

ミュージカル界のトップスターであり、王子(プリンス)とまで呼ばれる男、井上芳雄さん、37歳。

その井上さんが女優の 知念里奈さん(35)と結婚するとスポーツ紙面を賑わせたのが先月6月9日。

その後、7月27日にお二人はめでたく入籍されたことを発表いたしました。

出典: Twitter

そんな幸せいっぱいの井上芳雄さんですが、7月31日放送の「情熱大陸」(TBS系)に出演され、今後の自身の仕事の展望結婚観を語られました。

出典: Twitter

 

井上さんのファンの方は圧倒的に女性が多いです。

それゆえか、番組内では「結婚するとファンが減るのではないか?」という不安も正直に語っておりました。

 

なぜ井上芳雄さんはこんなにも熱狂的なファンがいるのか?

結婚後のミュージカルの王子さまはプリンスで在り続けるのでしょうか?

井上芳雄の人気の理由

その1:圧倒的な歌唱力

16年前の2000年、エリザベートでデビューして以来、優れた歌唱力を武器にキャリアを重ねていきました。

その歌声はまさに圧巻。

一度、生で聴けば、あなたは彼の虜になってしまう恐れがあります。

出典: Twitter

 

ミュージカルなどの俳優業のみならず、ソロコンサートでの歌手活動なども精力的にこなしている井上さん。

ディズニーソングだけを30曲を歌う「井上芳雄 シングス・ディズニー 〜ドリーム・ゴーズ・オン!」は大盛況のうちに幕を閉じました。

 

その2:端正なルックス!塩顔の演劇男子

出典: Twitter

テレビ、ラジオ、雑誌などの様々なメディアから声がかかる売れっ子の井上さん。

彼の外見の魅力は以下の3つ!

  1. 爽やかで少年っぽさが残る笑顔。
  2. 180センチの長身。
  3. そして、綾野剛似の流行りの塩顔のルックス

坂口健太郎のような塩顔男子の芸能人が人気!特徴とイケメンニーズは

2015.10.31

出典: Twitter

 

その3:プリンスロードと呼ばれる出待ち(入待ちも)

帝国劇場地下の飲食店街。

そこに女性ファンの出待ちの列「プリンスロード」ができるのが恒例となっております。

出典: Twitter

そこでファンは直接、井上さんと握手したり手紙を渡したり、そして会話を交わしたりすることができます。

写真NGの俳優も多い中、井上さんのファン対応は実にすがすがしい…!

一人一人の目を見つめ、握手を交わす誠実な井上さんにファンがメロメロになってしまう理由も分かります。

井上さんはこのようにファンとの交流にも重きを置く俳優さんなのです。

 

自身も心配した結婚後のファン離れ

出典: Twitter

 

夢を売る商売ですから…。

と番組内で語った井上さん。

心配していたのは、

結婚しては固定ファンが離れてしまうのでは?

という葛藤と不安。

 

しかし、その心配はほぼほぼ、杞憂に終わったみたいです。

7月末に結婚することが公になっても、帝国劇場の楽屋出口にはいつもと同じ、300人を超えるたくさんの出待ちファンが

もちろん全員が全員、井上さんのファンではないかもしれませんが、それでも一人一人握手していく井上さん。

 

今回の結婚を残念に思ったファンも少なからずいると思います。(しばらくは、井上芳雄ロスでショックで立ち直れない女性ファンもいるかも?)

しかし、多くのファンは

  • 舞台上の圧倒的なパフォーマンスを繰り広げる井上さんだけでなく
  • 一人一人のファンを大切にする誠実な井上さんの人間性にも惚れている

方もきっと多いはず。

 

そうしたコアのファンは、井上さんが結婚してもファンを辞めるようなことはしないでしょう。

 

尚、今回の情熱大陸の取り上げ方としては、井上さんのアイドル的な部分に比重が置かれていましたね。

コアな演劇ファンがなぜ彼を絶賛するのか、などといった部分にフォーカスをもう少し当てて見ても良かったのかも。(30分番組なので難しいかもしれませんが…)

 

スポンサードリンク

 

小学校の卒業式で「将来ミュージカル俳優になる!」と宣言

福岡県福岡市出身の井上さん。

一家は敬虔なクリスチャンで、番組内ではお食事前にお祈りをするシーンがありました。

 

教会の聖歌隊に入ったことで歌う楽しみを知った井上さん。

小学4年の頃には、ミュージカル「CATS(キャッツ)」(世界で興行的に最も成功したミュージカルのひとつ)に夢中になります。

そして小学校の卒業式で、将来ミュージカル俳優になるという夢を語ります。

 

 

初めての挫折は高校受験。

修猷館という歴史ある公立の高校を目指していたみたいですが、残念ながら落ちてしまい、キリスト教系の西南学院高等学校に通うことになったと語っておりました。

しかしその後は、自身の夢に向かって猛進。

初志貫徹、夢を叶えます。

 

これからのプリンスロード

自分はこれから、より自分自身で生きていけるんだな、と。これは厳しいことでもあるし、家族を守っていかなければならないことでもあるけど。

でも、取材で「公私ともに順調ですか?」と言われて、「そうなんですよ」と言える自分。今まで、ずっとそうしたかったな、と気づきました。

何も隠すことはしたくないし。そのまま(自分自身を)舞台上で出したいと。

情熱大陸でのコメントです。

プリンスロードは、ファンの出待ち列の呼び名。

しかし、上記の井上さんコメントからは、自分自身のための新しいプリンスロードが始まることを予期させます。

何も隠さず、在りのままの自分を表現していく。

 

生まれ変わったプリンスが見つめる道のりの先にあるものは何なのでしょうか?

ファンならば、今後の彼が歩むプリンスロードを共に歩いていくことでしょう ~☆

 

スポンサードリンク