廃墟ビジネス?廃墟遊園地が観光スポット!滅びの美学とノスタルジー

 

約30年もの間、手つかずの「都心からもっとも近い廃村」が横須賀にあるとネット上で話題に!

東京駅から横須賀駅まで電車で1時間。

その廃村は、田浦という場所にありました。

出典: Twitter

 

近年、世界各地の廃墟を好んで訪問する「廃墟マニア」と呼ばれる人が増えているようです。

廃墟にも色々あり、いかにもお化けが出そうな不気味で立ち寄りがたい廃墟もあれば、思わず “美しい…” とため息がでてしまうような廃墟も。

また日本では廃墟そのものを観光スポットにしてしまうという新しい試み、「廃墟ビジネス」も話題になっております!

 

スポンサードリンク

有名廃墟をいくつかご紹介

軍艦島(日本・長崎)

gunkanjima

長崎市・端島。

通称、軍艦島

石炭採掘のため多くの人が移り住み、当時は東京をしのぐほどの人口密度で栄えた島です。

2015年に世界遺産に登録されたことで当時話題になりました。

 

原爆ドーム(日本・広島)

Genbaku Dome

世界から見れば、日本で一番有名な廃墟は、広島の原爆ドームではないでしょうか。

米国のオバマ大統領が2016年5月に訪問し、核兵器のない世界を追及する勇気を持たねばならない、と訴えました。

同じ歴史を二度と繰り返してはならない、大切な負の世界文化遺産です。

 

マチェピチェ(ペルー)

Machu Picchu

南米のペルーにある空中都市。

古代都市インカ帝国の廃墟(というよりは古代遺跡でしょうか。)

che-guevara

キューバ革命の指導者として世界的に有名な革命家チェ・ゲバラ(アルゼンチン人)も若いころ、オートバイで南米を旅した時に訪問したといわれている遺跡です。

ジブリアニメのラピュタなどの空中都市は、冒険心をくすぐるロマンの代表格ですね。

 

マンセル要塞(イギリス)

Maunsell Forts

第二次世界大戦中、イギリスがドイツ空軍に対抗するため、沿岸防衛拠点として海上浮遊の要塞を設置。

今現在は当時のまま放置されており、廃墟化。

 

共産党ホール(ブルガリア)

kyosanto hall Photo credit: vadimgoussev via Visualhunt.com / CC BY-NC-ND

ブルガリア共産党本部。ソ連が支配していた1984年に建設されたもの。

ソ連崩壊後、ブルガリアは独立を果たし、この集会所は放置されることになりました。

 

チェルノブイリ(現:ウクライナ、当時ソビエト連邦)

Chernobyl

1986年、チェルノブイリ原子力発電所で起きた世界最大の原発事故の一つ。

当時、原発で働いていた従業員が住んでいた街、プリピャチはゴーストタウン化

時が止まった街となったと思いきや、この土地に愛着をもつ人が帰ってきて今は住民も結構いるようです。

 

奈良ドリームランド(日本・奈良)

nara dreamland

奈良市にある1961年開業の遊園地。2006年に閉園となる。

以後、廃墟化。跡地利用もまだ決まっていない状態。

 

巨大敷地遊園地「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」(日本・宮城)

出典: Twitter

映画のロケ地やミュージックPVにも!

出典: 映画『スープ・オペラ』予告編(90秒)

2010年に公開された坂井真紀さん主演の映画「スープ・オペラ」のロケ地として宮城・大崎市の化女沼レジャーランドが使われました。

また以下のミュージシャンの音楽PVの撮影ロケ地としても活用されております。

  • SALUの曲名「in my life」
  • flood of circle(フラッドオブサークル)の曲名「花」

 

廃墟がビジネスに!?

2016年から化女沼レジャーランドの廃墟をめぐるツアーが企画されキャンセル待ちが出るほどの人気になるなど、廃墟をビジネスしてしまう試みも!

ちなみにこの化女沼レジャーランド、今現在売り出されており、所有者は最低価格5億円の価格設定をしているのだとか。

施設内には温泉が出る場所もあるようなので、安いかも!?

すでに全国から10件の問い合わせが入っているみたいで、そのうちの数社は廃墟をそのまま利用したいとの希望を持っているそうです。

 

廃墟に温泉施設って・・・

斬新

じゃないですか?

 

別子銅山(日本・愛媛)

出典: Twitter

1973年に閉山した別子銅山は現在、年間40万人が訪れる大観光地に変貌しております。

このくらいの集客力があれば、廃墟ビジネスとしては十分過ぎるほど成立するレベルでしょう。

 

廃墟の魅力は?

滅びの美学

廃墟は手つかずになった、いわば見捨てられた建造物

そんな建物になぜ強く惹かれてしまう人がいるのでしょうか?

 

どんなものにも最盛期という時期があります。

しかしその期間は永遠には続きません

盛者必衰、栄枯盛衰。

かつて栄えたものも必ずや衰え滅びゆく、というのは世の無常・・・

 

その儚さに人は切なさ・ノスタルジーを感じます。

我々日本人が桜が散るのが美しいと感じるのも、そこに儚さと滅びの美学を見出すことができるからでしょう。

 

スポンサードリンク

 

なぜ大人になると「夏の景色」にノスタルジーを感じてしまう?

summer nostalgy

それは、夏は駆け足で過ぎ去っていく季節だから。(桜や花火の儚さ、そして蝉・カゲロウといった命が短かい物に対し美しさを感じる美学を日本人は持ち合わせておりますよね)

子供時代、多くの人が夏の季節にたくさんの思い出を作ったはず。

大人になった今、夏の景色にふと胸苦しさを感じてしまう理由

それは、そうした過去の数々の思い出と、もうその時期には永遠に戻れないという漠然とした喪失感から、人は哀愁を感じてしまうのではないでしょうか。

 

廃墟から見出せる喪失感

廃墟住居であれば、かつては誰かが住んでいたわけです。

何かの目的で造られた建物施設であれば、かつては多くの人々が行き交う場所だったのでしょう。

 

あなたが廃墟を訪れたとき。

目の前の廃墟のイメージが何かの拍子で過去の記憶を繋がり、何かしらの感情が呼び起こされるかもしれません。

その感情がどのようなものなのか、それは人によって異なるでしょう。

もし懐かしさを感じた場合、きっとあなたは目の前の廃墟に対し親近感を覚えるはず。

廃墟の魅力

それはかつて建造物が有していた”目的”なり”機能”がごっそり抜かれ、ただ空間に存在するだけのものになってしまったという空虚感

それでも、時を遡りさえすれば、そこにあったであろう喪失する前の世界を想像したときに感じる不思議な懐かしさ

それが廃墟の魅力だと考えます。

 

ノスタルジーの効用

過去に興味を持つことは懐古趣味と言われてしまうかもしれませんが、そもそもノスタルジーとは過去と現在を結びつけること

現在がなければ、過去を懐かしむこともできません。

そして過去を振り返ったとき、そこにポジティブなフィードバックがあるのであれば

  • 人は自分の人生の目的に気づいたり
  • 孤独に立ち向かう力を得ることができる

という研究結果も出ているそうです。

 

過去を懐かしむことも、悪くない行為なんですね。

 

最後に、廃墟・廃村に勝手に入ると法律上、不法侵入となりアウトになるので、そこはご用心

 

代官山の廃墟の場所と所有者は誰?ブルネイの世界一金遣い荒い男とは

2016.11.21

スポンサードリンク