モーリーロバートソン!アメリカ国籍のジャーナリストがショーン後任

スポンサードリンク

 

新番組「ユアタイム~あなたの時間~」(フジテレビ系)のメインキャスターを務める予定であったショーンKさんが学歴・経歴詐称問題により降板されました。

そしてこの度、フジテレビはショーンKさんの代役としてモーリー・ロバートソンさん(53)を起用することを発表!

日米のハーフとして生まれたモーリー・ロバートソンさん、アメリカ国籍のため日本人ではありません。

が、調べれば調べるほど、かなり興味深い人物であることが分かりました。

フジテレビもかなり思い切った人選をしてきましたね。

成功するか、失敗するか、白・黒はっきりする結果になるのではないでしょうか!?

 

引用:Twitter おもしろぶろぐ (@omo46blog)

 

 

“多彩”な肩書を持つ”多才”な人物

  • テレビタレント
  • ミュージシャン(パンクロック)
  • DJ
  • 作家、評論
  • ニコ動の有料チャンネル、Youtube
  • 国際ジャーナリスト
  • 東大中退、ハーバード大卒

これだけ多くの肩書を持つ人物も、そうはいないのではないでしょうか。

やりたいことをドンドンやり、それが仕事になってしまう、という素晴らしい生き方をされておりますね。

 

チベット(ラサ)まで行き、現地からインターネット放送を試みるなど、ジャーナリスト魂も持つ、かなり破天荒な人物です。

しかし、彼のバックボーンを知ると、モーリー氏の才能の秘密が分かります。

 

お母様はあの有名コメンテーター

モーリーさんのお母様は、ブロードキャストなどロバートソン黎子さん。

『ブロードキャスター』(TBS系)や『ウェークアップ!』(日本テレビ系)のコメンテータを務められた方で、顔をみれば分かる人も多いはず。お綺麗な方ですよね。

実家は富山の名立たる名家です。

高岡市能町生まれ。生家は古くからの地主であり、農地改革前は「三歩あるけば一歩は蒲田はんの地面」と言われるほどの土地を所有していた

引用: Wikipedia – 『ロバートソン 黎子』

 

尚、モーリーさんのお父様はアメリカ人医師で、1968~76年にかけて広島市の原爆傷害調査委員会に研究医として勤務されておりました。

 

奥様は女優

i-morley(モーリーさんの公式ポッドキャスト)で女優の池田有希子さんと出会い、ご結婚されます。(ポッドキャストとは、インターネットの音声配信番組)

出会いの当時、池田さんは離婚されており、バツイチの状態。

アパートでの一人暮らしで新たな人生の再スタートをきった状態で、舞台に打ち込んでいた時に、運命の出会いをされたわけです。

出会いの後、二人は意気投合。すぐに付き合い始めました。

 

際どい世界情勢や人権・格差問題に次々とメスを切り込むモーリーさんのジャーナリズム魂に益々惹かれていった池田さん。

池田さんも、モーリーさんと共にネット配信に出演するようになります。

そして、彼への尊敬の念が深い愛情に変わり、めでたくご結婚されました。

当時、モーリーさんはキレイな女優さんと付き合えて、非常に舞い上がっていた模様です(笑)

 

スポンサードリンク


 

型にハマらないキャラで、新番組がいい意味でも悪い意味でも面白くなること必至?

2014年10月、モーリーさんはTwitter上で、「日本をほめる外国人」枠の存在がある、ということをつぶやき話題になりました。

出典:Twitter – モーリー・ロバートソン

 

外国人が日本をほめることで対価を得る、という仕事枠のことですね。

説得力を増すためには、「主観」と「客観」データを織り交ぜなくてはなりません。

外国人という”他者”の意見を客観的意見とすることで、より説得力あるテレビメディアを作ることができるわけです。

 

そのような専門枠があると言ったのですから、ある種の爆弾発言だったのではないでしょうか。

しかし、日本人でない彼だからこそできる発言も多くあるのでしょう。

 

そうしたこともあり、モーリーさんはテレビ局のご機嫌を伺いながら、キャスターを務めるようなキャラとは思えません。

原発問題でも、「一国からの脱原発は不可能」と発言されており、「即廃炉せよ」という坂本龍一氏などの著名人たちの意見に疑問を投げかけております。

理想論と現実論の対決となり、根深い問題ではありますが、この辺は現実を見つめ続けてきたジャーナリストの血なのでしょうね。

 

 

しかし曖昧な表現をせず、モノゴトをはっきり意見するモーリーさんだからこそ、今回のフジの新報道番組は非常に見応えのあるものになるはず。

正直、各局、横一線の報道には視聴者も飽き飽きしているはずです。

今、低迷しているフジテレビだからこそ、できる挑戦・破壊があるはずです。

ショーンKさん騒動につまづいてしまったものの、”雨降って地固まる” ではないですが、非常に面白い人物がキャスターに起用されたのではないでしょうか?

 

みなさん、是非、「ユアタイム~あなたの時間~」を期待してみてみましょう ~☆

 

スポンサードリンク