リメンバー! 失われた「ヨガ+瞑想」の習慣

meditation

人生を充実させるために、日常生活に積極的に取り入れたい習慣ってたくさんありますよね。運動、スキルアップのための自己投資、趣味時間、家族・恋人との時間等々。

 

多くの方は、通勤時間を加味すると1日10時間前後の時間をメインワークに充てているでしょうから、睡眠を7時間とすると7時間程度しか自由に使える時間はありません。食事や入浴の時間、そして残業などもすれば、さらに手持ち時間は減ってきます。

人生の正体は「時間」ですので、時間は本当に貴重なものであり、自分の最大の財産です。

 

僕自身、今現在はできていないけど、取り入れたい毎日の習慣があります。

瞑想」です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

瞑想はメリットだらけ。是非、日常習慣にしたい自己投資

 

瞑想にどれくらいの時間をかけるかは、人それぞれだと思いますが僕の経験上、いきなり瞑想しようとしても瞑想モードには簡単には入れません。

僕の場合、瞑想用の音楽をかけたりヨガで身体をほぐしたり、何だかんだで事前準備で30分程度は必要になってきます。そして、瞑想を30分~1時間程度、行うわけです。

 

瞑想の効果を説明した書籍が巷にたくさんあふれておりますので、是非読んでみてください。僕個人が感じた瞑想の大きなメリットは大まかに以下の通りです。

  1. 睡眠が深くなる。そして朝、すっきりと目覚めることができる
  2. 身体の調子が良くなる
  3. 頭がすっきりしてアイディアが浮かびやすくなる
  4. 自分の悩みだったり気にかかっていることを瞑想中、客観的に見つめることができる

 

僕自身、瞑想熟練者ではありませんが、書籍等で知識を得て、しばらくの期間実践してみたところ上記メリットを実感できました。

 

1.はよく言われていることですが、睡眠が深くなることで睡眠時間も短くなるため、結果的に自分の1日の時間枠が増えることに繋がるため、瞑想は良い自己投資であることが分かります。

 

2.に関しては、身体が軽くなる気がします。また瞑想中、身体が凝っている箇所が分かりますので、ヨガをやることでフィジカルメンテナンスすることができます。好循環ですね。

 

3.は瞑想中、余計な雑念をたくさん排出できるため、頭の整理整頓ができ、頭の中のタンスに眠っていたアイディアが外にアウトプットされやすくなるのだと考えております。

 

4.に関しては、瞑想中に雑念を一つ一つ処理していく中で、自分の悩みの正体を突き詰めることができたりします。結果的に、対処法として具体的な行動に移せたり、たいした悩みではないなと思えることで、悩みが解消できたりします。メンタル面でも瞑想はメリットばかりです。

 

スポンサードリンク

 

 

瞑想できる環境作りが、実は一番難しい?

 

どうして今現在、僕は瞑想の習慣を取り入れることができていないのか?

 

僕の場合、仕事を終え、家に帰ると3人の子供の育児時間に突入します。そして、3人が寝静まった後、ようやく自分の時間が作れるようになるのですが、なかなか簡単に物事は進んでくれません。

そもそも3人もいれば誰かしら寝ない子が出てきますし、また寝かしつけようとすると自分自身が先に寝てしまったりするから困ったものです。

 

いざ、ときは来た! といわんばかりに、ようやく瞑想集中モードに入ったとき、いきなりドアを開けられて「眠れない~」とか言われると、かなりゲンナリしてしまいます(笑)

でも子供を叱るわけにもいきませんしね、そこは育児中の身なので仕方ないかなと。

 

そんなこんなで、「瞑想しない」という習慣が習慣化されてしまった現状に、強い危機感をもっております。

 

最近、身体のコリが激しいので、何としてもヨガ+瞑想の習慣を早く取り戻さねばっ☆

 

 

スポンサードリンク