凱旋門賞2016!日本代表馬マカヒキ人気!テレビ放送と優勝賞金は?

 

競馬界において、世界最高のレース「凱旋門賞」(芝2400m・シャンティイ競馬場・海外G1)が10月2日(日)にフランスで開催されます。

世界中の超一流馬が集結する凱旋門賞。

世界一の競走馬を決めるレースが凱旋門賞と思っていただいて構いません。

 

今回2016年、日本代表として出馬するのは「マカヒキ号」!

過去19頭の日本馬がこのレースに挑戦しましたが、最高位は2位

そのため、日本馬初の凱旋門賞制覇の期待が今、マカヒキにかかっているのです!

 

 

スポンサードリンク

日本代表「マカヒキ」について

お父さんは名馬「ディープインパクト」

プロフィール

  • 牡・3歳
  • 父ディープインパクト母ウィキウィキ
  • 馬主: ディープと同じ金子真人ホールディングス(株)

今年の日本ダービー馬

出典: Twitter

 

今年2016年の日本ダービー覇者となりました。

競争成績は6戦5勝で唯一、皐月賞だけ優勝を逃し2位に。

 

凱旋門賞の歴代日本馬の戦歴

  • 1999年: エルコンドルパサー 2着
  • 2006年: ディープインパクト 3着入線後、失格
  • 2010年: ナカヤマフェスタ 2着
  • 2012年: オルフェーヴル 2着
  • 2013年: オルフェーヴル 2着、キズナ 4着

 

過去、凱旋門賞において、日本馬の最高順位は2着となっております。

 

マカヒキの凱旋門賞優勝の可能性は?

凱旋門賞の前哨戦で優勝!

出典: Twitter

 

9月11日、凱旋門賞の前哨戦と呼ばれる「ニエル賞」(仏・芝2400m・G2)で優勝。

有力馬が出場回避し、5頭しか出走しなかったとはいえフランス初戦に勝ったことは大きいでしょう。

(ただし、格下相手の辛勝となったため、不安視する競馬ファンの声も多い)

 

強敵ライバル「ラクレソニア(ラクレッソニエール)」が出場回避!

出典: Twitter

仏牝馬2冠、8戦全勝のラクレソニアが足の異常のため、凱旋門賞を回避!

予想オッズ2番人気だった同馬が出場回避したことで、マカヒキに大きなチャンスの風が吹いているような気がするのは私だけではないでしょう。

 

優勝本命ライバルは?

1番人気・英国馬「ポストポンド」

出典: Twitter

2番人気のマカヒキを抑え、堂々の1番人気の馬がポストポンド

世界一決戦と呼ばれたドバイシーマクラシックドゥラメンテに勝ち、ただいまGI4連勝中!

この欧州中長距離最強馬がマカヒキ号の前に、大きな大きな壁として立ちふさがります。

 

勝機はあるぞ!

ポストポンドはもう5歳で、ピークは過ぎたとの声もちらほらあります。

またマカヒキの斤量は56kgで、ポストポンドの59.5kgに対し3.5㎏のアドバンテージが!

そして凱旋門賞は3歳馬有利と言われており、過去データをみても3歳馬が勝つケースが多いのです。

 

3歳馬マカヒキの優勝の可能性は十二分にあると言えるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

気になる騎乗騎手、優勝賞金、テレビ放送、馬券購入方法は?

騎手はクリストフ・ルメール

出典: Twitter

運命のレースの鞍上を託されたのは、フランス生まれのJRA所属騎手・クリストフ・ルメール

川田将雅(ゆうが)騎手で日本ダービーを制覇したため、競馬ファンの間では賛否両論あると思いますが、現地をよく知るフランス人騎手のほうが良いと判断したのでしょう。

 

凱旋門賞の優勝(1等)賞金は?

凱旋門の優勝賞金は、「285万7000ユーロ (約3億2860万円)」です。

この賞金はどのくらい高いものかというと・・・

  • 日本競馬で一番賞金が高いレース:「ジャパンカップ」の3億円
  • 世界最高額:  「ドバイワールドカップ」の600万ドル(約6億円

 

凱旋門賞が世界で一番高い賞金レースではなく、2016年現在はドバイWCが世界一となっております。

(2017年、アメリカで世界最高賞金1200万ドル(12億円)のレース「ペガサスワールドカップ」が創設される予定!)

 

レース中継するテレビ放送局は?

  1. Mr.サンデー×HERO’S合体SP』(フジテレビ系)、時間帯: 22:00~24:40予定
  2. 有料CH「競馬専門チャンネル・グリーンチャンネル
  3. 東京競馬場・京都競馬場のパブリックビューイング

レースは日本時間の23:05発走予定となっております。

 

どうやって馬券購入?

日本国内での海外競馬・馬券発売は今回が初!

実は今年の凱旋門賞レースから初めて、日本国内でも海外競馬の馬券が購入できるようになりました。

インターネット販売のみとなっております。

購入するにはJRAのサイト上で「即PAT」又は「A-PAT」に登録する必要があります。

尚、日本での馬券は日本独自のオッズになるため、マカヒキが1番人気になるかもしれません。

 

父の無念を晴らせるか?

2006年、マカヒキの父・ディープインパクト(騎手: 武豊)が凱旋門賞に出走。

3着入線後、まさかの失格となった。

 

あれからはや10年。

父の無念を、子・マカヒキが晴らしてくれるのだろうか?

 

 

 

日本競馬ファンの夢を乗せ

 

マカヒキ号よ・・・

 

 

 

 

スポンサードリンク