LINEモバイルはいつからサービス開始?ライン使い放題シムのメリット

 

LINEモバイル(ラインモバイル)がMVNO(仮想移動体事業者)市場に参入!

本日9月5日に発表されたLINEの新サービスは”格安スマホ“の販売でした。

出典: Twitter

 

スポンサードリンク

新サービス「LINEモバイル」のプラン内容と料金

LINEフリープラン

  • データ通信のみ:      1GB  月500
  • データ通信+SMS:  1GB   月620円
  • データ通信+音声通話: 1GB 月1200円

(カウントフリー対象サービス:LINEのみ

カウントフリーとは?「カウントフリー機能に係る説明書」

ようは「LINE」もしくは「LINE、Twitter、Facebook」の通信を利用量としてカウントしないサービス。

通信回線はNTTドコモ回線を利用!

最大の魅力は何といっても月500円の最安プランです。

LINE通話LINEデータ通信無制限で、さらにLINE以外のデータ通信1GBがついていて月500円

とにかく安いですね!

コミュニケーションフリープラン

LINEに加え、FACEBOOKとTWITTERも使い放題になるプランです!

(カウントフリー対象サービス:LINE、Twitter、Facebook)

データ通信+SMS

  • 3GB: 月1,110円
  • 5GB: 月1,640円
  • 7GB: 月2,300円
  • 10GB: 月2,640円

データ通信+音声

  • 3GB: 月1,690円
  • 5GB: 月2,220円
  • 7GB: 月2,880円
  • 10GB: 月3,220円

 

支払いに関しては以下の3つに対応

  1. クレジットカード
  2. LINE Pay
  3. LINE Payカード

月額基本料の1%がLINEポイントとして貯まります。

 

端末ラインナップは?

SIMフリー端末NTTドコモ契約端末で利用可能(一部端末除く)!

格安の1万円台のものからハイエンド機まで8機種がそろっております。

スマホ端末のセット購入も可能。

詳細は、LINEモバイルの販売端末ページをご参考ください。

SIMフリー携帯をすでに持っている人は、LINEモバイルでSIM単体を購入するだけでOK

 

「LINEモバイル」最大の特徴

通常のデータ通信の場合、ネット閲覧したり動画を視聴したりLINE上でメッセージのやり取りを行うと、その分、データ通信量が消費されていきます。

契約データ通信料を越えたら、回線速度は著しく低下し、全くネットがつながらなくなってしまうのはお馴染みの通り。

LINEメッセージも遅延したり届かなかったりして、LINEユーザーの大きな悩みどころでした。

LINE格安通信プランのメリット

ネットサーフィン、動画視聴などではこれまで通り通信料を消費。

しかしLINEを使う分には通信料は減りません。

つまりLINEのデータ通信料は無料となります。

もちろんユーザーが契約した通信量をオーバーしてもLINEを使う分には速度はそのまま

LINEベビーユーザにとっては嬉しいプランですね!

 

LINEモバイルはいつからサービス開始?

9月5日から公式サイトで先行し20000台が販売されます。

実際のサービス開始日は10月1日からスタート予定!

 

LINEの格安スマホ参入の狙いは?

LINEがつながりにくいなどのユーザーの声を拾い、ユーザー離れを避けるために今回のような通信プランを打ち出してきたのが一つ。

もう一つは、LINEユーザ数をさらに増やすことで、同社の有料コンテンツである音楽・ゲーム事業の収益向上を狙っているものと思われます。

 

スポンサードリンク

 

携帯電話の国内シェア(契約回線数)

  1. NTTドコモ: 36.5%
  2. KDDI: 32.7%
  3. ソフトバンク: 21.6%
  4. 格安スマホ(約200社): 5.6%
  5. Y!モバイル: 3.3.%
  6. その他: 0.3%

(出典: MMD研究所・2016年4月調べ)

格安スマホは激戦区

国内シェア4位の格安スマホには約200もの会社がひしめく激戦区です。

そのため各社生き残りをかけ、様々な独自サービスを打ち出しております。

例えば、「Pokemon GO」に対応した格安通信プランを打ち出したのはDTI

1年間ポケモンGOで遊んでも通信料タダのプラン「DTI SIM ノーカウント」を販売予定とのこと。

出典: Twitter

価格が安くお得なはずの格安スマホが伸び悩む理由は?

「回線変更手続きが面倒くさい」

「契約期間の縛りがある」

という理由もあるかと思いますが、格安スマホがいまいち普及しない大きな理由の一つとして

「格安スマホ会社の多くが店舗を持っていないため、ユーザーがサポート体制に不安をもっている」

ということが挙げられます。

 

 

これに対し楽天モバイルは最近サポート体制を整え、リアルショップを増やすことで他社と差別化を図っております。

一方、LINEモバイルは当面、ウェブサイトでのみで販売ユーザー数が増えれば今後、量販店やリアル店舗での販売を行う予定とのこと。

LINEは今回のサービスを「LINEモバイル 1.0」と呼んでおります。

今後、LINEモバイルのユーザーが順調に増えていけば、即日開通対応対面カスタマーサポートのため、家電量販店などでのサポート体制を強化していくでしょう。

 

 

以上、まだ普及しているとは言い難い格安スマホ。

しかし、こうしたサービスの多様化により近い将来、大手携帯キャリア3社のシェアを脅かすような存在となれるのでしょうか?

 

スポンサードリンク