バレー石川祐希のセリエAのチーム「トップバレーラティーナ」とは?

 

バレーボール選手で、全日本男子・エースアタッカーの石川祐希選手(20)が、約3か月の期間、イタリアプロリーグ・セリエAに挑戦するため日本を発ちました。

出典: Twitter

 

龍神NIPPONの若きイケメンエース、石川祐希選手にとっては2度目のイタリア挑戦となります。

セリエA(Serie A、セリエ・アー)は、イタリアのプロバレーボールリーグで「レガ・パッラヴォーロ(Lega Pallavolo)」と呼ばれており、そのレベルの高さは世界最高峰

3か月という短い期間で、果たして石川選手は何かしらの爪痕を残せるのでしょうか?

今回は石川選手が所属するチームと監督について調べてみました!

 

スポンサードリンク

イタリアは2度目!セリエAに再挑戦!

ラティーナってどんなチーム?

石川選手のチームは、イタリア・ラティーナを本拠地にもつトップ・バレー(Top Volley)というクラブチーム。

通称は地名で呼ばれており、ラティーナ(Latina)です。

1位:Cucine Lube Civitanova 勝点32
2位:Diatec Trentino 勝点31
3位:Azimut Modena 勝点30
・・・・・
13位:Top Volley Latina 勝点11
14位:Revivre Milano 勝点9

参考サイト:Regular Season SuperLega UnipolSai

昨季の成績はセリエA1(一番上位のリーグ)で8位。

中堅クラブの位置づけですが、今季は今現在14チーム中13位とチーム状態はかなり良くありません

 

レギュラー、救世主として活躍できるか?

出典: Twitter

出典: Twitter

 

ラティーナの監督を務めていたのはビンチェンツォ・ナッチ(Vincenzo Nacci)!(後述しますがナッチ監督は解任されてしまいました)

彼はベネズエラ代表の監督でもあり、代表選で石川選手の実力をよく知る人物です。

 

実は石川選手、大学1年の時にイタリア挑戦しており、パッラヴォーロ・モデナという強豪チームに短期留学という形で参加しておりました。

しかし、世界の代表クラスが在籍している強豪チームでレギュラーを取ることはほぼ不可能

石川はほとんど出場機会を得られないまま、1度目のイタリア挑戦は幕を閉じたのです。

 

 

しかし今回のナッチ監督は「石川選手をスタメンで使うことを考えている」と明言。

もちろん今現在、下位に沈んでいるとはいえ、トップリーグのチームですので競争が激しいことには変わりないですが、モデナよりは遥かにマシでしょう。

そんなこともあり、石川選手はラティーナというチームを選択したのです。

 

スポンサードリンク

 

不安要素は監督が変わってしまったこと

出典: Twitter

シーズン開幕当初、監督を務めていたナッチ監督は実は早々に解任されてしまいました。

海外スポーツ界ではけっこうあるあるですが、石川選手にオファーを出した肝心のビンチェンツォ・ナッチ監督がいない状況で石川選手は勝負しなくてはいけない状況です。

 

尚、チームの指揮を執っているのは名将との言われるダニエレ・バニョーリ(Daniele Bagnoli)

バニョーリ新監督が果たして石川選手をレギュラーとして使ってくれるかどうか、非常にみものです。

 

イタリア現地メディアも注目?

出典: Twitter

出典: Twitter

 

日本のスタープレイヤーが加入したことをイタリアメディアも取り上げております。

イタリア挑戦で思い出すのは、バレー海外挑戦のパイオニア、加藤陽一さん。

2002年、イタリアのシスレー・トレヴィージでプレーした加藤さんですが当時、日本バレーボール協会は加藤さんの海外移籍をよく思っていなかったそうです。

また移籍直後、なかなか試合に出場することができない加藤選手はイタリアメディアに

ベンチを温めにきた日本人

と辛口評価。

それでも、シスレートレヴィーゾ所属のイタリア代表レギュラーが次々とケガをすると、加藤選手に試合出場のチャンスが巡ってきます。

見事、そのチャンスをつかみ活躍するとチームはなんと2002-2003シーズン、スクデットを獲得!

加藤選手は外国人選抜にも選ばれ、見事結果を残したのです。

 

このようなに加藤さんが切り開いた道があったからこそ、その後、狩野舞子選手や(伊・パヴィーア)や越川優選手(伊・パッラヴォーロ・パドヴァ)、高橋みゆき選手(チーム派遣で伊・ヴィチェンツァ)などが海外挑戦することができた、といっても過言ではないのかもしれません。

 

サッカーと同じで、とにかく選手が個の力を高めるためには、ドンドン海外挑戦しなくてはいけません。

個の力が高まれば全日本男子バレーのレベルの底上げにもつながるでしょう!

 

石川祐希選手はまだ二十歳と若く、そのポテンシャルは無限大!

是非、イタリアで武者修行の経験を積み将来、世界のトッププレイヤーの仲間入りをしてほしいですね。

 

石川選手のイタリアでの活躍に注目していきましょう!

 

スポンサードリンク