クリスマスプレゼント(2015)は子供用キッズカメラがおすすめ!

スポンサードリンク

 

2015年のクリスマスも近いですね。

幼い子供を持つ親御さんたちにとっては、クリスマスプレゼントに頭を悩ませる時期でもあります。

王道はゲームなのですが、子供が夢中になり過ぎてしまうため、なるべくゲームを与えたくないと考えている親御さんも多いと思います。

12月3日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、経営コンサルタント 坂口孝則さんが12月のお買い得商品として、ビデオカメラを推しておりました。入学式シーズン前の1月〜3月が新商品発売時期になり、この時期、旧モデルが安くなるためです。

その際、以下のタカラトミーが11月12日に発売したキッズ用カメラもあわせて紹介されておりました。価格は9250円(税別)。アマゾンなどの通販では、もう少し安く購入できそうです。

これって子供用クリスマスプレゼントにいいのではないでしょうか?

kidscamera

出典:キッズ向け本格アクションカメラ プレイショット|タカラトミー

 

 

子供はひとりひとりがアーティスト

「ママの携帯貸して~」と言われ手渡した後、いつの間にか子供が撮影した写真で一杯になってしまった経験ありませんか?

子供ってカメラを使いたがるものです。子供の視点からみた世界は新鮮なもので溢れております。

子供の感性は磨かれるべきであり、そのためには表現ツールを与えてあげるのがいいですね。

それは画材セットでもいいし、カメラでもいいわけです。

キッズ用カメラは子供の感性を伸ばしてくれるツールとして活躍してくれるでしょう。

虫の好きな子供は虫の写真をたくさん撮るようになるでしょう。将来、昆虫博士になるかもしれません。

花のすきな子供は花の写真をたくさん撮るようになるでしょう。将来、お花屋さんを経営するかもしれません。

子供は、カメラのフィルターを通して、自分の興味のある対象を知ることができるようになります。

これが一番のメリットですね。

 

子供とのコミュニケーションも増えるよ

撮影した静止画・動画はパソコンに取り込むことができます。

取り込んだ後、子供と一緒に上映会を行ってみてはいかがでしょう。

この写真の意図は?これは何?どうして撮ったの?

この虫・花の名前はなんだろう?調べてみよう!

などなど。

大人ビックリの感性溢れる作品に出会えるはずですし、子供も自分の作品を親に説明することでプレゼン能力を幼い時から自然と鍛えることができます!

「自然と」というのがキーポイントですね。

 

スポンサードリンク

 

いま流行のウェアラブルである

このタカラトミーのアクションカメラ「プレイショット」ですが、全長約6センチと非常に小型なものになっております。なので持ち歩きに不便はありません。

防水ケースが付属されておりますので、色々なシチュエーションで活躍してくれるでしょう!

また、自転車に取り付けて動画を撮影したり、腕時計のように装備品として楽しむこともできます。

ウェアラブル(身につけて持ち歩くことができること)は時代の流れですよね。将来、あらゆるものが小型化し、そしてウェアラブル化していくでしょう。

 

子供にカメラを与えた際、注意すべきこと

最後に、注意点です。

キッズ用カメラとはいえ、動画も撮影できるし高性能なものです。

使用上の注意事項、撮影マナーを子供にしっかり理解させることは親の責務です。

例えば、撮ってはいけない対象(他人など)、撮影禁止(店内等)のシチュエーションなど。

なかなか子供だけでは判断つかないケースが出てくると思いますので、ある程度最初は、親がそばにいてしっかりと子供を見守る必要性もあるでしょう。

注意しながら使っていくうちに、子供も撮っていいものと撮ってはいけないものとの境界線を学んでいきますよ ~☆

 

スポンサードリンク