琉球畳(縁なし畳)でおしゃれ和モダンリビングに!スッキリ1/5

スポンサードリンク

 

「スッキリ!!」(日本テレビ系)の人気コーナー「失敗しない家探し!目指せハウスマイスター」、第8回目、新年1発目です。

本日紹介された物件は、社宅マンション1棟を丸ごとリノベした物件!

5回目から続くリノベ物件シリーズですが、今回もリノベマンションでした。

 

今回はJR常磐線 天王台駅の物件

駅から徒歩10分の築25年 3階建てマンションです。

6つある物件のうち、今回紹介されたのは2つの物件です。

  • 広さ: 共に約90平米
  • 間取り: 3SLDKと2SLDK
  • 価格: 2890万円と3090万円

リビングを広くしたり、収納を増やしたりというのはリノベマンションのお決まりですね。

今回の紹介物件では、ウッドパネルを天井や室内の壁(鎧壁)に採用したりするなど、面白い工夫も垣間見れました。

しかし本サイトが注目したのは紹介物件に「琉球畳」が採用されていた点です。

この琉球畳、実はオシャレな和モダンリビングを演出してくれる人気の畳なのです。

 

琉球畳とは?

tatami

琉球畳は正方形の畳となっております。

縁がなく、大きさでいうと半畳ですね。

厳密にいうと、「縁なし畳」イコール「琉球畳」ではありませんが、今では一緒のものと認識されることが多いです。

琉球畳は一般的な畳と比べ流通量が少なく、価格が高くなりがち。

そのため安価な中国産が多く流通しているのが現状です。(国産では大分や熊本産が有名)

 

スポンサードリンク

 

 

リビングの横に琉球畳の和室を造るのが今の流行り

livingtatami

上の写真で、小上がりの畳コーナーがリビングにあります。(小上がりとはスキップフロアのことです)

スキップフロアとは、建築物において、その床面の一部に高さを変えた部分を持たせた構成のことである。小上がりとも呼称される。

小上がりになっているため、仕切りがなくても独立したオシャレ和空間を簡単に作ることができます。

段差に腰をかけたり、段差にある収納を利用できたりする機能メリットもありますね。

縁なし畳は思いのほかフローリングリビングに合いますので、多くの住宅メーカーが畳コーナーがあるリビングをプロデュースしております。

 

琉球畳のデザイン性を活かそう!

twotonetatami

市松模様(二色の正方形を交互に配置)により、とってもオシャレな和モダン空間を演出できます。

最近はカラーバリエーションも豊富でピンクのものもあるとか。

そのデザイン性から、縁なし畳は若い人に人気があります。

 

尚、和室には物を極力置かないのが基本です。

何も無い空間だからこそ、雑念にとらわれず、心を落ち着かすことができるのです。

和室に関節照明などを付けてリビングを暗くすれば、ちょっとした瞑想空間にもなりますね ~☆

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

 

スポンサードリンク