疲れないハイヒールはいつ・どこで買える?ネット販売は?痛み解消!

 

女性のオシャレアイテムのひとつ「ハイヒール」!

美脚にみせ、全身シルエットを引き伸ばし顔をも小さく見せてくれる魔法アイテムです。

 

しかーし、長時間の着用はヒジョーに 痛い

ただ7センチのヒールを履くと、ふくらはぎ位置が理想の高さの位置までくるため一番美脚に見えるといわれてます。

そのため、無理して高いヒールを履いてしまう女性も多いかと。

美の代償とはいえ、足に相当な負担をかけているのが現状。

  • マッサージやストレッチしたり
  • 歩く姿勢を意識して直してみたり
  • 緩衝剤としてコットンを靴内に入れたり
  • インソールと使ったり、などなど

少しでも痛みを和らげるために、様々な対処法を実践されている女性も多いはず。

そんな世の女性たちに 朗報 です。

そう、疲れないハイヒールが開発され、近々発売される予定となっているのです。

 

スポンサードリンク

疲れないハイヒール「ヤチャイカ」

出典: Twitter

発明者は男性!

なんとという優れものが発明されました。

中央大学研究開発機構 助教の山田泰之さんが発明した疲れないハイヒール、その名も「ヤチャイカ」!

2015年11月13日に「第10回ジェームズ・ダイソン・アワード」でヤチャイカが見事、国内準優勝に選ばれました。

自動車メーカーのサスペンションの研究に携わっていた山田さん。

車の足回りの衝撃吸収技術を、女性の足回りの問題解決のために応用したのです!

名前の由来

ヤチャイカという不思議な響きのネーミングの由来は以下の通り。

「YaCHAIKA(ヤチャイカ)」の名前は、世界初の女性宇宙飛行士ワレンチナ・テレシコワが宇宙で発した「ヤ・チャイカ」(ロシア語で「こちらはカモメ」)という交信に由来。ヒールの板バネの形状が,カモメが羽を広げて飛んでいる姿にもかけているという。

どうして疲れない?

ヤチャイカは、2枚の曲がった板バネとゴム板を用いた衝撃吸収機能を搭載しており、ファッション性と快適性の両立を目指しているのが特徴。

ハイヒールの問題点は以下の通り。

  1. アキレス腱などの足首を使わない
  2. 筋肉に頼って歩行
  3. そのため筋肉疲労を起こす
  4. 結果、それが 痛み へと変わっていく

 

外部リンク先:https://vimeo.com/130859390

上のリンクで紹介動画がアップされております。

あたかも車が路面の振動を吸収するように、2枚の板バネとゴム板が着地の都度、衝撃を吸収してくれております。

このハイヒールならば、トン・トン・トンといった自然なストロークを実現でき、身体にかかる負荷を軽減してくれそうです!

 

デザインもなかなかGOOD!

デザイン自体はクールで凛としたものとなってます。

普及すれば、もっと色々な種類が出てくるでしょう。

商品化(実用化)の後、商品ラインナップが増えていくことに期待!

 

スポンサードリンク

疲れないハイヒールはいつ・どこで発売?

パリコレに登場!

出典: Twitter
ファッションデザイナーの森永邦彦さんとのコラボ作品として2016年3月、パリコレに疲れないハイヒールがデビュー!

その名もYaCHAIKA by ANREALAGE 

【LIMITED EDITION YaCHAIKA】
・発売時期:16 年 9 月(予定)
・販売店舗:そごう・西武各店舗(大津店、東戸塚店除く)、e.デパート
・商品展開:パンプス
・中心価格:28,000 円

【YaCHAIKA by ANREALAGE】
・発売時期:16 年 9 月(予定)
・販売店舗:西武池袋本店・渋谷店、そごう横浜店・千葉店、e.デパート
・商品展開:ショートブーツ
・アイテム数:2 型

出典: 個性的な研究者と協力 LIMITED EDITION YaCHAIKA

2016年3月のそごう・西武のプレスリリースによると、パリコレでお披露目されたショートブーツ “YaCHAIKA by ANREALAGE”と “LIMITED EDITION YaCHAIKA”の2種のハイヒールが販売されるようです。

そごう・西武の独占販売となりますが、同社のオンライン販売サイト「e.デパート」でも購入できるとのこと。

ネット購入ができるのは嬉しいですね!

 

 

女性にとっては長年の悩み(痛み)を解消してくれる夢の製品になるかもしれません。

過剰の期待は禁物ですが、少なくとも “疲れにくい” ハイヒールであることは間違いなさそうです!!

発売が待ちきれませんね!

 

最後に、ハイヒールを履いた状態での正しい歩き方を下記動画がレクチャーしてくれてます。

颯爽とハイヒールを履きこなし美しく歩く女性、憧れますよね ~☆

 

スポンサードリンク