本田圭佑とZOZOTOWN前澤社長の関係は?インスタに写真投稿!

 

日本ファッション市場全体が景気低迷している中、好調をキープしているファッション通販ZOZOTOWN

その運営会社である株式会社スタートトゥデイ前澤友作社長と、イタリアサッカーの名門クラブで背番号10番の重圧を背負っている本田圭佑選手との貴重なショットがInstagramで掲載されました。

(前澤氏が交際中のタレント紗栄子さんも写っております)

出典:https://www.instagram.com/p/BAd_OOFio5w/?taken-by=yusaku2020

 

え、どうゆう関係?

 

と思われた方も多いかと思います。

今回、本田選手と前澤社長との関係について書いていきます。

 

スポンサードリンク

 

本田選手と前澤氏の関係

2016年、本田プロデュースのサッカーグランドが幕張でオープン

2015年12月、本田選手がプロデュースしたサッカーグランドが千葉県の幕張にプレオープン。

その名も、ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA

場所:千葉市美浜区若葉3−2−17

公式サイト: ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA (ゾゾパーク) オフィシャルサイト 

海浜幕張駅から徒歩約5分の好立地にあり、本スポーツ施設は2016年3月にオープン!

 

前澤氏の会社がメインスポンサー

株式会社スタートトゥデイの本社は幕張市にあります。

スタートトゥデイ社は地域貢献の一環、そして本田選手の壮大な活動・ビジョンに深く共感

スポンサーという形で命名権を取得しました。

そのため、グランド名には「ZOZO」という名前が入っております。

(尚、サッカーコート1面、ソサイチコート3面、フットサルコート6面を備えた本スポーツ施設は、本田選手の所属事務所「HONDA ESTILO 株式会社」が運営しております。)

 

本田選手と前澤氏との関係は、ビジネス繋がりだったのですね。

 

スポンサードリンク

経営者・前澤社長にリスペクトされている本田選手

経営者と現役の同時進行

本田選手はなんと21歳くらいの頃から、サッカー引退後の人生を考えていたとインタビューで語っております。

そして現役選手の身でありながら、オーストリアのサッカークラブチーム「SVホルン」の経営に関わっていることはすでに周知のこと。

テレビ朝日「日本サッカー新時代~2018年への旅~」で中山雅史氏と対談したときに、元来ビジネスが大好きだと語っておりました。

 

小さいころから人を動かすことに興味を持っていた本田選手。

サッカー選手になることは、成り上がるための一つの手段であったと豪語しております。

2016年シーズンもセリエA・ACミランでベンチスタートが続き、厳しいシーズンを送っている本田選手。

サッカー界に何かビジネスを通じて恩返しがしたいという思いで、現役選手ながらサッカービジネスも同時並行で手掛けているというモンスター級の人物です。

 

本田選手が掲げるビジョンは非常に大きく、短期的なものでなく長期的な視野を持っております。

  • 日本人選手のヨーロッパリーグへの橋渡しをすることだったり
  • 将来のプロサッカー選手候補の育成だったり
  • サッカーを通じての総合的な教育施設を作ることだったり。

 

時折、本田選手がみせる、遠くをみつめる仕草。

その視線が見つめている先には一体、何があるのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク