キムタク・工藤静香の娘はフルート奏者が夢?海外音楽留学に挑戦か

 

キムタクこと木村拓哉さん(44)と工藤静香さん(46)の愛娘さんである長女・心美(ここみ)さん15歳が、来年2017年にフルートでフランス留学を検討していることを女性セブン(2017年1月1日号)が報じております。

木村さん・工藤さんご夫妻には二人の娘さんがいらっしゃいますが、お二人とも有名楽器主催のコンクール(小学生の部)で受賞歴があるほどの腕前なのです。

出典: Twitter

出典: Twitter

出典: Twitter

 

2013年10月に行われたフルートのコンクール(第23回山野ジュニアフルートコンテスト)で、長女・木村心美さんがなんと最優秀賞を受賞。(次女の木村光希(みつき)さんも優秀賞と、姉妹そろっての受賞という快挙!)

 

山野は音楽スクールの有名どころの一つで、その教育プログラムには定評がありますね。

そこで受賞することは例えジュニア大会であろうと並大抵のことではありません。

 

木村・工藤さんご夫妻は愛娘さんたちに

  • 練習のために、完全防音の自宅スタジオ
  • 幼少のころから名門スクールの本格レッスンに通い、フルートだけでなくピアノ・バイオリンも学ぶ

など、音楽教育にかなり力を入れていたようです。

 

そこで気になるのが、今後の娘さん達の進路

どうやら、2世として芸能界デビューさせることは今のところ、ご両親の頭の中にはなさそうです。

 

スポンサードリンク

来年に海外音楽留学を検討!

日本の学校だと常に好奇の目にさらされる

日本の最高峰の音大は、東京芸大(東京芸術大学音楽学部)です。

関東では京都市立芸術大学音楽部が有名ですね。あとは武蔵野音大、国立音大などが後に続きます。

 

しかし、もし木村さんの娘さんが日本の音楽学校に通うことになると、常に「あ、キムタクの娘だ。」という風に好奇の目に晒されてしまいます。

木村・工藤さんご夫妻は、娘さんを3才からインターナショナルスクールに通わせておりますが、芸能人はお金があるから高額なインターナショナルスクールに通わせることができるのだ、とかよく指摘されます。

確かに、国際感覚や語学を幼少のころから学べる環境はメリットの一つですが、芸能人の子供にとって最大のメリットは「プライバシー保護」ですね。

基本、外国人は日本の芸能人には興味は薄いですし、学校側が生徒のプライバシーを保護してくれる点は大きいでしょう。

 

気になる留学先候補は?

フルート先進国「フランス」

木管楽器の一つ、フルートはドイツ生まれの横笛です。

しかし、フランスでその優秀性が最初に認められた背景もあり、フルートはフランス作品が多いです。

そのため多くのフルーティストがフランスにあこがれを抱きます。

 

報道によると、心美さんはすでに英語・フランス語が堪能なトリリンガルだそうです。

そして来年の2017年、フランスに留学して本格的にフルートを学ぶことを真剣に検討しているのだとか。

おそらく学び舎として選ぶのは、フランスの名門「パリ国立音楽院」ではないでしょうか。

 

日本でも非常に人気があり、2002年に「徹子の部屋」にも出演したイケメンフルート奏者エマニュエル・パユ」(スイス人)もパリ国立音楽院で学びました。

出典: EMMANUEL PAHUD Mozart Flute Concerto in G – 1 mov.

 

パリ音楽院を首席で卒業したパユの奏でる正確で美しい音に、世界中のクラシックファンが魅了され続けております。(2000年にはあまりにも仕事量が増えすぎて、オーケストラに休暇願を提出したものの認められず、自ら退団したというエピソードも!)

 

海外留学において大きな壁となるのが資金的な問題言葉の壁ですが、心美さんの場合、その点はもうクリア済み。

もし本当にフランスに留学することになれば心美さん一人で渡仏することになるわけですが、幼いころから様々な人種の子供たちと遊んできたバックグラウンドがありますので、そんなに大きな問題ではないのかもしれません。

工藤静香さんは教育熱心として有名ですが、子供が幼いころからしっかりと娘さんの将来を見据え、教育に投資されてきたのでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

将来の進路は芸能界よりも芸術方面?

最高の音楽DNA?

歌唱力のキムタク

木村拓哉さんといえば、ジャニーズの歌がうまい人ランキングの上位の常連。(ここ最近は若手の台頭もあり、ランクが下がっておりますが)

ジャニーズ歌唱力総選挙2016結果

1位 堂本剛 9064票
2位 大野智 8615票
3位 亀梨和也 2343票
4位 渋谷すばる 1034票
5位 堂本光一 865票
6位 手越祐也 741票
7位 坂本昌行 737票
8位 増田貴久 702票
9位 木村拓哉 660票
10位 二宮和也 583票

トップ10の面々を見ても若手~中堅組が目立ちますが、それでも40代の木村さん(坂本さんもね)がランクインしているあたり、さすがの貫禄を感じます。

 

芸術家としての工藤静香

出典: Twitter

 

御存じない方はあまりいないと思いますが、工藤静香さんの絵の腕前は超一流。

画家の登竜門としても格式がある「二科展」でなんと20回も入選!

尚、この絵画展では工藤さんの他、以下の多くの著名人が受賞されております。

石坂浩二(特選:時期不明、入選:1974年 – 1985年)
五月みどり(入選:1989年・1990年)
黒澤明(入選:1928年)
青島幸男(入選:1998年)
押切もえ(入選:2015年)
八代亜紀(入選:時期不明)

引用元: Wikipedia – 『二科会』

 

こうした優秀なご両親のDNAを受け継ぐ娘さんが、音楽を学ぶうえで最高の環境であるヨーロッパで留学をすれば、ひょっとしたらひょっとするかも、という気にもなってきますね。

 

音楽奏者は容姿も大切

クラシックの世界はビジュアルも重視され、やはり美しい容姿をもつ演奏者の方がCDなどのセールスも良い傾向があるようです。

なので、才能があることは大前提

それでかつ、優れた容姿も求められる厳しい世界がクラシックなのですね。(圧倒的な才能さえあれば、容姿なんて不問になるのでしょうが・・・)

 

美しき日本のフルート奏者たち

高木綾子さん

出典: Twitter

日本を代表するフルート奏者である高木さんは数々の輝かしい受賞歴を誇っており、12枚ものアルバムCDをリリースされているフルートソリストです。

歌手「ダ・カーポ」の娘・榊原麻理子さん

出典: Twitter

理想のフルート女子像、三上麻結さん

出典: Twitter

美しさと実力を兼ね備える難波薫さん

出典: Twitter

女優でもある神崎愛さん

出典: Twitter

 

木村拓哉さん・工藤静香さんから最高の遺伝子を受け継いだ娘さんたちが将来、フルート奏者としてクラシック界で活躍している日が来るかもしれませんね。

 

2016年は、2世タレントが不祥事・事件を起こした影響で、「2世」に対しての色眼鏡が一層、厳しくなりました。

厳しい道でしょうが是非、芸能界ではなくクラシックの世界で活躍する木村さん工藤さんの娘さん達を見てみたいですね!

 

バレー石川祐希のセリエAのチーム「トップバレーラティーナ」とは?

2016.12.07

石浦はイケメン力士で元ハリウッド俳優?相撲界のおしゃれ番長は専務

2016.12.01

オニール八菜の父はラグビー選手!母親は?ローザンヌ国際優勝ダンサー

2016.11.21

萬波ユカの出身、身長、友達は?名字は本名?パッツン前髪が可愛い!

2016.11.09

倉沢淳美の旦那の職業は?娘ケイナ(桂奈)の現在のドバイ生活が話題

2016.10.24

海外挑戦で移住した芸人・芸能人は?ピース綾部がアメリカで活動!

2016.10.09

 

スポンサードリンク