日本で一番地震に強い家ドームハウス!熊本地震でその耐震強度を証明

スポンサードリンク

 

地震大国の日本。

各住宅メーカーも耐震性能を少しでも上げるべく日夜、企業努力しております。

そんな中、日本一、いや世界一の耐震強度を誇る住宅がある、と話題になっている家があります。

その名も、 ドームハウス

Dome house

出典: ASO Farm Land 「宿泊」

 

石川県にある会社、ジャパンドームハウス株式会社が販売している家です。

このドームハウス、熊本県の阿蘇ファームランドに宿泊施設として利用されており有名です。

このドーム型の家、どこかで見たことがあると感じたあなたは、ドラゴンボールのファンかもしれませんね(笑)

出典: Twitter

 

このドームハウス、多くの人が被災された熊本地震でも大きな損害はなかったとのこと!

それ故、ドームハウスの優れた耐震性能に関し、注目が集まっております。

 

 

なぜドームハウスは世界一か?

軽い家だから

ドームハウスは内部に柱・梁がなく、極めて軽量な家です。

特殊な発泡ポリスチレンを使っており、見た目は発砲スチロールの家みたいです。

 

でも地震に強い家って、軽い家なんです。

なぜか。

それは地震の力は、建物の重さに比例するからです。

 

重ければ重いほど、地震の力は大きくなるわけです。

ピンとこないかもしれませんので例を挙げます。

 

例えば、頭が大きくて重い人がいたとします。

その頭デッカチ君に揺れが加わった時、振れ幅は頭が重い分、増します。

家の場合、頭にあたるのは屋根。

屋根が瓦などの重い場合、軽い素材を使った屋根の家と比べると地震力は大きくなります。

重心が上部にあると、不安定になってしまうのです。

(参考まで。屋根に重い素材を使うときには、住宅メーカーはそれに耐え得るだけの耐力壁を用意します)

 

スポンサードリンク

 

素材が柔軟性があるから

柔軟性ある素材を採用しておりますので、地震の振動を吸収してくれるメリットがあります。

地震対策にも「耐震」「免振」「制振」の3つありますが、ここでは振動を吸収する「制振」に近いですね。

 

ドーム型だから

 

シンプル イズ ベスト。

ドーム型の安定形状は地震に強いです。

一方、地震に弱いといわれている構造は、1階部が駐車場で2階部が住居となっているタイプの家ですね。

ピロティ形式と呼ばれるものです。

こうした構造のものは、大きな地震が来ると1階部が潰れてしまうことが問題視されております。

ピロティとは、建築用語では2階以上の建物において地上部分が柱(構造体)を残して外部空間とした建築形式、またはその構造体を指す。まれにその地上部分の構造体のみの空間自体を指すこともある。

 

今回のドームハウス、宿泊施設やセカンドハウスとしては非常に面白いですね!

そのうち折り畳みのドームハウスなんかも出てきたら、ドラゴンボールのポイポイカプセルが実現してしまう将来がくるかもしれません ~☆

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

 

スポンサードリンク