ヒロミ河口湖別荘DIYリフォーム中!ヒロミから学ぶ多趣味の重要性

Carpenter

昨年以降、ずっとテレビの露出が絶えないタレント、ヒロミさん(51)。

一度、芸能界から姿を消したものの、マルチな才能を武器に再ブレイク継続中です。

 

そして最近、有吉ゼミ(日本テレビ系)にて始まった新企画「ヒロミ、家を作る。」!

河口湖畔にあるヒロミさんの別荘(元は喫茶店だったそう)を、自分自身の手でリフォームしてしまうというオモシロ企画で、自身のDIYスキルをいかんなく発揮されております。

 

過去、色々な芸能人のお部屋のリフォームをされてきたヒロミさん。

その実績から、DIYのレベルはプロ並みと評されております。

 

一体、ヒロミさんはどのようにしてDIYスキルを身に付けていったのでしょうか?

そしてヒロミさんの人生からから学ぶことができる 多趣味 の重要さとは?

 

スポンサードリンク

 

 

ヒロミから学ぶ「多趣味」のススメ

人に、「自分は多趣味です。」といった場合、広く浅くのイメージが強いためか、

「この人は飽きやすい人なのかな?」

って印象を与えかねませんよね。

 

でも、世の中には 広く且つ深い「多趣味」の方は、多くいらっしゃいます。

大御所の芸能人ですと、所ジョージさんやタモリなんかそうですね。

そして、今回のヒロミさんも相当な「多趣味」の方です。

 

ヒロミさんの場合、

DIYにトライアスロン、実業家(加圧トレーニングジム経営)、毒舌キャラなど、いくつもの顔を持っております。

その他にも、

エクステラ、クレー射撃、オートバイ、ジェットスキー、ウェイクボード、スキューバダイビング、サーフィン、スカイダイビング、ゴルフ、ルアーフィッシング、スノーボードなどなど、

挙げていくとキリがないですね…。

 

「やりたいこと」が、先ず趣味になる

先ず、自分の「やりたいこと」に正直に耳を傾けることが重要です。

心のアンテナを張ってさえいれば、

やりたいこと」は自分の中で自然発生したり、

不思議と外から勝手にやってきたりします。(セレンディピティ)

 

 

そして、やりたいことを見つけることができたら、取りあえずやってみる!

兎に角、行動あるのみです!

やってみて「自分に合わないな」と思えば、それはあなたの趣味にふさわしくなかったのでしょう。

一方、「これは自分に合う!」と感じたら、それはあなたの新しい趣味となる可能性が高いです。

 

趣味を突き詰めていくと、次第とアマチュアの域を超えてくる

趣味の世界、基本、競争はありません。

誰にも文句は言われない心地良い世界。

あなたの好きなようにやればいいだけです。

 

ただ、ある一線を超えると、人間は 承認欲 というものが発生してきます。

例えば、

SNSでアップしたりして、誰かに自分の作品を見てもらいたくなったり、

高評価をもらえるよう、人の評価を意識しながら作品を作るようになったりするなど。

 

こうした変化を好意的に捉えることが重要です。

そうして、あなたはドンドン趣味の世界に時間と(場合によっては)お金を投資するようになります。

そして、ある境界線を越えると、

 

アマチュアの世界  世間でいう「プロ並み」の世界 

 

に移行できるようになります。

 

「プロ並みの趣味」を有効活用すれば「ビジネス」も生まれる

ヒロミさんは、ビジネスとしてトレーニングジムを経営されました。

しかし元々、ご自身の趣味であるトライアスロンのトレーニングの一貫として、加圧トレーニングを学ばれたのがキッカケなのです。

 

ヒロミさんは自分の「やりたいこと」にしっかりと耳を傾け、そして実際行動し、自分の時間とお金と投資しながら趣味の世界を深化させていったからこそ、加圧トレーニングのジム経営というビジネスアイディアを授かったわけです。

道端に、そのビジネスアイディアが落ちていたわけではないのです。

 

スタート時に芽生えた自分の好奇心を大切にしたからこそ、自分の中でビジネスアイディアという形で花を咲かせることができました。

このように、

 

何ごとも取りあえずチャレンジしてみる、という姿勢はとても重要で、

未来に向けての種まきになると言えるでしょう!

 

蒔いた種のどの種が実際に芽吹くかは分かりません。

ただ、蒔く種は多ければ多い方がいい。

 

そうした意味で、「多趣味」であることは、未来の自分の可能性を少しでも広げてくれることに繋がるはずです。

是非、色々なことにチャレンジしてみてください!

 

スポンサードリンク

 

尚、当然、人には向き不向きがあります。

手先が器用な人もいれば、不器用な人もいる。

歌が上手い人もいれば、音痴な人もいる。

趣味においても、可能な限り、自分の得意そうな分野の趣味をもつことが大切です。

(勿論、自分では思いもしなかったことが向いていたりすることもあるため、「取りあえずやってみる」の精神は大切ですが)

 

例えば、ヒロミさんのDIYスキルですが、実はヒロミさんの父親のご職業が「大工」なのです。

つまり、大工の血を引いているわけです。

父親の影響で、ヒロミさんにとっては大工作業は子供時代からとても身近な存在でした。

そして、おそらくはヒロミさんには大工の素質が備わっているはずです。

 

 

多趣味になるということは、失敗は避けられません。

是非、たくさん失敗してみてください。

何が自分に合って、何が自分に合わないか、だんだん分かってきます!

 

最後に…、

一度、芸能界から姿を消しながらも復活したヒロミさんのしぶとさの秘密

 

実は、ヒロミさん、芸能界に入る前に車の事故で生死の堺を彷徨っております。

しかし、一命を取り留め、「人生、好きなことをするべき」と考えられるようになり、

自動車のセールスマンを辞め、芸能界入りされました。

 

一度死にかけた人って強いですね、ほんとに ~☆

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

 

スポンサードリンク