「バターコーヒー」のダイエット効果の理由とパフォーマンスの向上!

buttercoffee

今、ネット上で話題の「バターコーヒー」について、本サイトでも取り上げてみます。

先ずこの新しいコーヒーを提唱するのはデイヴィッド・アスプリー氏。単行本「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」(ダイヤモンド社)も出版しているシリコンバレーの起業家であり「Bulletproof」の創設者です。「Bulletproof」ですが「防弾の~」という意味ですね。

英語ですがBulletproof®のHP上で、「バターコーヒー」に関しての以下の動画が紹介されております。

 

出典:Bulletproof®公式HP「 How to Make Bulletproof Coffee®」

 

バターコーヒーはダイエット飲料?

日本でのバターコーヒーの紹介記事をみると、どちらかというと「ダイエット効果」の方に比重が置かれておりますが、上記動画を見るとダイエットというよりは、Bulletproof®コーヒーを朝飲んで、あなたの1日のパフォーマンスを上げましょうと提唱しているように思えます。

元々コーヒー好きのアスプリー氏が、独自のコーヒー作りプロセスとして考案したものがBulletproof®コーヒーです。

バターを加えることで腹持ちを良くして、無駄な間食を抑制してくれるため、結果的にダイエット効果につながるといったロジックですね。(アスプリー氏自身もこのBulletproof®コーヒーでダイエットに成功しております)

なので、当たり前の話ではありますが、バターコーヒーを飲めば痩せるというわけではありません

僕がアメリカで2年弱働いていた経験があるのですが、仕事をしながら間食しているアメリカ人、とても多かったですね。肥満が社会問題になっているアメリカで、このバターコーヒーは1つのソリューションになり得る可能性があり、今メディアでも大々的に取り上げられているのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

 

「コーヒー」+「バター」+「オイル」=バターコーヒー!

バターは何を使えばいい?

「grass-fed unsalted butter」

グラスフェッドとは「牧草で育てられた~」という意味です。なので、通常のスーパーで売っているようなバターではなさそうです。無塩(unsalted)は普通に売っているんですけどね…残念。

なので調達方法としてはネットになるでしょう。アマゾンでグラスフェッドバターを検索すると以下のものがヒットしました。

フランス産発酵バター(グラスフェッドバター) バイオバター無塩250g
Grand Fermage(グランフェルマージュ)
¥ 2,700 (2015年10月17日12:00現在)

引用元 -  Amazon「グラスフェッドバター」の検索結果

ちと、高いですね…。

でも下手に一般のバターをコーヒーに混ぜてしまうと、変に高カロリーになってしまいそうで怖いです。尚、公式HP上でも、くれぐれもソルトバターは使ってくれるな、と書いております。

しっかりとした効果を体験するためには、何でも初めは基本に忠実にすべきですので、挑戦してみようと思っている方は少々高くでもグラスフェッドバターを使ってみたほうがいいですね。

尚、混ぜる分量は1カップのコーヒーに対し、大さじ1~2のバターを加えましょう。

 

スポンサードリンク

 

ココナッツオイルも混ぜるよ!

「 Brain Octane™ 」って公式HP上に紹介されておりますけど、これって何ですかね?

調べてみると、ココナッツオイルのようなものらしいですね。MCT(中鎖脂肪酸)はココナッツに含まれる天然成分であり、一般の油よりも消化が良いためエネルギーに変換されやすいみたいです。

なるほど、このオイルを朝摂取することで、一日のパフォーマンスを上げることにつながるのですね!

なので実際は「バターオイルコーヒー」といった方が、アスプリー氏が提唱しているものを正確に表現しているのではないでしょうか。

 

尚、混ぜる分量は1カップのコーヒーに対し、大さじ1~2のオイルを加えましょう。

 

バターとオイルを加えた後、ブレンダーで泡立ちラテのように泡状になるまで20~30秒かき混ぜましょう。

以上で出来上がりです。

 

所感

忙しい朝に摂取する飲み物なので、手間がかかるようなものは浸透しません。

ですが、このBulletproof®コーヒーは作り方も非常に簡単ですよね。

現代人は食べ過ぎの傾向があります。小腹がすくとついつい間食もしてしまいがちです。ですが空腹感を少しでも減らせれば間食も抑えることができ、ダイエットにも健康にもつながります。

このBulletproof®コーヒーのコンセプトに共感された方は一度、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

尚、アスプリー氏はこのコーヒーを「Upgraded Coffee」と呼んでおります。性能を高めたコーヒーというイメージでしょうか。

普段、あなたが飲んでいる1日のスタートに飲むコーヒーを、上述の簡単なステップでアップグレードして、あなたのパフォーマンスを高めてみては如何でしょう ~☆

 

 

スポンサードリンク