ミニミニ盆栽の作り方・育て方!初心者向けの簡単オシャレ癒しグッズ

スポンサードリンク

 

「盆栽」と聞くと、何となく手入れが面倒で、年配の方の趣味・道楽というイメージが強いですよね。

ですが、その芸術性においては海外でも高く評価されており、「Bonsai」はもはや世界共通語になっております。

 

そして本日3/10に放送された「めざましテレビ」(フジテレビ系)で “ミニミニ盆栽” が紹介されておりました。

初心者にはちょっと敷居が高そうな盆栽の世界ですが、ミニミニ盆栽ならば、難易度もそれほど高くなく、ちょっと流行りに乗ったオシャレ感覚でスタートできます♪

尚、「ミニミニ」とは「超ミニ」サイズの意です。

 

出典: Twitter

出典: Twitter

 

ミニミニ盆栽の魅力は?

minibonsai

先ず、場所を取らない。

見た目が可愛いため、インテリアにGOOD!

そして小さいため、友人や親へのちょっとしたギフト・プレゼントにも最適。

あと、超ミニサイズでスタートしますので、気軽に低コストで始められ、初心者にとって敷居が低いのが「ミニミニ盆栽」の最大の魅力!

 

 

どこで買えるの?

リアルショップでも、ネットでも購入できます。

通販は安いですが、最初はイメージを膨らませる意味でも、リアルショップに行き、間近で実物を観賞することをおススメいたします。

お住まいの近くのホームセンターや、比較的大きな駅にある花屋さんなどに立ち寄ってみると、あなたにあったミニ盆栽が見つかるはずです。

 

自分で育てるからこそ面白い!

でも、やはり盆栽の魅力を堪能したい方は、一から自分で作ることをおススメしたいです。

盆栽にハマっている人が口を揃えて言うのが、一番の醍醐味は “自分で育てる” ということ。

時間の経過と共に、少しずつ、少しずつ変化する盆栽を楽しむ。

自分が手を加えることで、自分の小さな世界観を作り出す。

なので是非、盆栽作りに挑戦してみてください!

 

作り方と育て方

  • 盆栽の器(鉢)
  • 土(普通の園芸用でOK)
  • コケ

盆栽の器(鉢)

和デザインの小さな食器とか、おちょこ(猪口)とか代用してできますが、底に穴を開ける必要があるのが難点。(できなくはないですが、面倒)

植物の種類によりますが、穴がない鉢は排水穴がないため呼吸ができず、根腐れしやすくなり管理が難しくなります

 

ミニミニ盆栽の場合、3センチ程度の小さな鉢が標準です。

なので、なかなかしっくりくるミニミニ鉢は見つからないかもしれません。

従い、最初は、底穴ありのプラスチックの小さな容器を使って、和デザインの器を鉢カバーとして利用するのも手かもしれません。

 

普通の園芸用の土でOK。

できるだけ肥料分や保水力が優れた土を選ぶと、イイ根をはってくれます。

が、最初は100均で揃うような安価なもので十分です。

 

尚、ミニミニ盆栽の場合、鉢が小さいため栄養不足になりがちです。

定期的に固形肥料などを加える必要があります。

 

コケ

100均で売っている「ミズゴケ」があります。

盆栽は、乾燥が大敵となります。(毎日の水やりは基本)

ミズゴケを載せることで、水分の蒸発を防いでくれ、保湿効果を得ることができます。

 

盆栽の世界観を表現する上で、重要になってくるのがコケ(苔)の存在です。

ミズゴケの上から、色味のついたコケをのせていくと、彩りが出て、見た目のアクセントになります。

 

スポンサードリンク

 

手間をかけるからこそ、愛しい

ミニミニ盆栽の敷居は低いものの、植物を育てるわけですから、それなりの手間はかかります。

人工のものでないので、当たり前ですよね。

 

大切なのは、水・適度な日光・肥料の3つです。

室内で楽しんでいる場合でも、一日4時間程度、できるだけ風通しがよく、日当たりのいい場所に置くようにしてください。

(夏場は週に2~3日だけでもOK!)

盆栽は本来、屋外で楽しむものです。外気にあててあげてください。

 

めざましテレビでは、ミモザの作り方が紹介されておりました。

が、ミニミニ盆栽の場合、そのサイズ故に、育てられる植物もある程度、限られてきます。

四季を感じたいのであれば、

桜・サツキ・椿のように花が咲くものを育てたいですよね?

カエデ・ケヤキ・イチョウのように秋に紅葉を楽しみたいですよね?

四季折々姿を楽しむことは盆栽の醍醐味の一つです。

 

なので、

「何か少し物足りなくなってきた…」

と感じたら、それは良いシグナルです。

ミニミニ盆栽からミニ盆栽へステップアップしてみてください!

ペットボトルでアクアリウムを始めたけど、だんだん物足りなくなって、大きな水槽でアクアリウムをやりたくなってしまうようなものです。

 

世界が広がれば、それだけ選択肢が増えてきます。

それはつまり、あなたの小宇宙が少し広がることを意味します。

 

いずれにせよ、ハマるかどうかはやってみなくては分かりません。

是非、ミニミニ盆栽、挑戦してみてください!

土と緑がある生活は、必ずや、あなたの心に潤いを与えてくれるでしょう ~☆

 

 

スポンサードリンク