雰囲気美人になる方法は野宮真貴に学べ!痛い美魔女にはなるべからず

 

「自分は雰囲気(ムード)美人」と語るのは元ピチカート・ファイヴ野宮真貴さん。

野宮真貴さんは2001年に解散した90年代”渋谷系”ポップ音楽文化の象徴・ピチカート・ファイヴの3代目ボーカルを務め、56歳になった今でもソロで音楽活動をされております。

美しく歳を重ね続けている女性のお手本のような方で、彼女に憧れている女性ファンもきっと多いのではないでしょうか。

出典: Instagram – missmakinomiya

出典: Instagram – missmakinomiya

2015年11月に発売した名曲カバーアルバム「世界は愛を求めてる。~野宮真貴、渋谷系を歌う。~」はオリコン・ウィークリー・アルバムランキング(ジャズ部門)で1位を獲得するなど、いまだその存在感は際立っております。

出典: 野宮真貴11月11日新作発売~アルバムダイジェスト[完全版]

 

また、2016年8月に2枚組『男と女~野宮真貴、フレンチ渋谷系を歌う。~』を発表!

横山剣さんとのデュエット曲「男と女」が収録され、大人な魅力が詰まった素敵なアルバムとなっております!

 

野宮真貴さんは自分自身を美人に見せ続けてきた雰囲気美人」だと語ります。

雰囲気美人とは、特別美人ではないが、なぜかモテる人・なぜか魅力的な人のことを指す言葉。

いますよね、見た目は普通なのになぜか異性・同性に人気のある人。

また、いわゆる美形の顔より、平均顔(多くの顔のサンプル画像を合成して平均値を画像化したもの)の方がモテるという研究結果も!(人は、平均的なものに親近感を覚え、惹かれるのです。)

つまり ”美人だからってモテるわけではない”  ってこと!

さて、そんな”雰囲気美人”になる方法は一体あるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

あなたは美魔女と呼ばれたい?

美魔女は褒め言葉か?

美魔女(びまじょ)とは、ファッション雑誌が造った造語で、”魔法をかけているかの様に美しい” 35歳以上の女性を指すものなのだとか。

でも、ここでいう「美しさ」の定義が曖昧なためか、美容最新技術という名の魔法により、年相応でない「不自然な美」が最近もてはやされているような気がします。

そのためか、美魔女にはいい意味で使うケースと、悪い意味で使うケースの2パターンがあるようです。

 

いい皺(しわ)は美しさの一つの要素

美しく歳を重ねる女性は、例えば皺(しわ)を無理に隠そうとはしません。

その皺が笑いジワであれば、とてもチャーミングなものになります。

そんな皺は美しさを引き立てる一つの構成要素となり得ます。

一方、怒ったときにできるような皺であれば、そのシワはどこか近寄りがたい意地悪な印象を相手に与えてしまうことになるでしょう。

皺にもいいシワと悪いシワがあるのです。

 

老いは誰にも平等に訪れ、誰一人免れることはできません。

その老いと上手に付き合うことができず、受け入れることが出来ない人は、お金と時間を使い「美魔女」になってしまうのでしょう。

ただ、ここで誤解してほしくないのは

「老いを受け入れる」イコール「美を諦める」ということではない

ということです。

 

どうしたら雰囲気美人になれる?

美を諦めない

雰囲気だけ美人になるって、実は奥が深い。

女性(特に40~50代)は美を諦めた瞬間、一気に老け込んでしまう恐れがあります。

バランス良い食生活を送り、自己管理に気を付けることは勿論のこと、肥満にならないよう有酸素運動をしたり、保湿などのスキンケアなど美に対し継続的な努力を続けることは絶対必要。

 

ただ、何も特別なことをする必要はないのです。

「美を諦めない」なんていうと、何だかアンチエイジング法を探求しなくてはいけないように感じるかもしれません。

しかし、自然な雰囲気美人になるためには、美に良しとされる生活習慣を淡々と行っていくことが重要となります。

 

年相応を意識する

頑張って若作りしても、相手に痛々しい印象を与えてしまっては逆効果!

人それぞれ、自分が似合うと信じる髪型メイクのやり方があると思います。

しかし、そうした自己流の方法を年相応のものへマイナーチェンジしていくことは意外に難しいのです。

理由としては、人間、自分自身を客観視することがなかなかできないからです。

 

 

対策としては、他人の意見を取り入れること。

これが自分を客観視する一番良い方法となります。

(例: 美容院で年相応のスタイルを提案してもらうなど)

 

清潔を心がける

清潔感が大事と聞くと、当たり前じゃないかと思うかもしれません。

確かに不潔は相手に不快感を与えてしまう代表的なものです。

ただ、清潔感が失われてしまうと、恥ずかしいという羞恥心もマヒしてしまいます。(羞恥心がひとたび錆びつけば、公共の場で大声で笑うなど、いわゆるオバタリアンのような品がない中年女性になってしまうことも!)

 

姿勢を正しくする

年を取ると筋力が衰えてきます。

腹筋力が弱まり猫背のようになってしまえば、一気に老けた印象を相手に与えてしまいます。

常にきれいな姿勢をとることに意識を置いておけば、自然と姿勢も正しくなりますし、それ相当の筋力もついてきます。

先ずは意識して姿勢を正し、それを習慣化することが重要です!

 

尚、野宮さんの自宅の各部屋には鏡が置いてあるのだとか。

鏡を見る習慣をつけることは美の初歩中の初歩です。

 

 

口角を上げる

老いにより、悲しいかな顔の筋力も衰えていきます。

自分では笑っているつもりでも、いざ写真をみてみると驚くほど仏頂面になっていることも。

意識して口角をあげることが重要です。

顔の筋肉トレを習慣化して行えば、自然で明るい表情が手に入りますよ!

出典: 浅井千華子が教える!口角をあげやすくする表情筋トレーニング

 

顔の筋肉が凝り固まると、血流が悪くなり老廃物が溜まるなど肌のたるみなどの原因に繋がります。

老け顔防止には、顔のマッサージや筋トレは効果的!

 

スポンサードリンク

 

“オシャレ番長”野宮真貴が本を出版!

手っ取り早く雰囲気美人になる方法

 

手っ取り早く「美人になるテクニック」を学びたい人は是非『赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック』を読んでみてください。

綺麗は見せ方、つまりテクニックだと語る野宮さん。

光を味方にしてSNS写真の綺麗に撮る方法だったり、本のタイトルにもある赤い口紅のメイク術に関しても触れられております。

(手っ取り早く美人に見える最強アイテムは赤い口紅らしいですよ!)

出典: Twitter

 

2016年でデビュー35周年になる野宮さんですが、若い頃は外見にコンプレックスを抱えていたそうです。

そんな野宮さんだからこそ伝えることができる誰でも実践可能なテクニック集になっております!

利き顔で写真を撮るなど、若い女性にも参考になるテクが多いため是非、人生の大先輩である “元祖渋谷系の女王” からのアドバイスに耳を傾けてみて下さい。

出典: Instagram – missmakinomiya

美しく歳を重ねること

学生時代、美人ですごく目立っていた女性が数十年後、同窓会で再会したとき、まるっきり別人の冴えない中年女性になっていることってよく聞きます。

逆に、地味で目立たなかった人が数十年後、素敵な女性に変貌していることもよくあります。

 

つまるところ

 

女性の美はある年齢を境に、同じスタート地点に立つ

 

ということになるのだと思います。

 

確かに、歳を重ねることで失うものは少なくはありませんが、そこだけに目を向けていたら、楽しく歳を重ねることなんてできません。

なぜフランス人女性には、歳を重ねても魅力的で在り続ける人が多いのか。

それは美しく在り続けるための生活習慣が身についているから。

 

若い時の美を取り戻すことに固執せず、でも同時に美を決して諦めないこと。

もっとシンプルに言えば

女で在り続けること。

 

これが女性として一番大切なことではないでしょうか。

 

美しく歳を重ねることは、実はとても、とっても奥が深いことなのですね。

 

スポンサードリンク