アンジーとブラピの本当の離婚原因は浮気でも暴力でもなく・・・

 

ブラッド・ピット(52)とアンジェリーナ・ジョリー(41)の離婚が日本でも大きく報じられております。

離婚申請書に書かれていた離婚原因は “性格の不一致 

これを受け、マスコミの報道は、ブラピの暴力や飲酒癖、はたまた浮気が離婚原因となったのではないかと色々な憶測が飛び交っている状況です。

 

今回、新たな報道としてアメリカの芸能情報サイト・TMZが、プライベートジェット内での口論した翌日、アンジーはブラピとの別れを決意し、離婚申請に至ったと報じました。

なぜ “おしどり夫婦” として有名だった二人が離婚してしまったのでしょうか?

機内での口論の内容は果たして?

 

スポンサードリンク

アンジェリーナ・ジョリーの野心が離婚原因?

国連のトップになりたいという野望

出典: Twitter

 

アンジーは人道主義者として積極的に活動していることは有名です。

今後、アンジーは

  • 活動の場を政治フィールドに移し
  • 政治家を目指していき(具体的には、今の国連難民高等弁務官事務所の特使という立場から、国連のトップを目指す)
  • イギリスに子供たちを連れて移住すること

を考えているというのです。

 

これに対し、ブラピが不満を覚え、口論に至った原因になったと考えられております。

 

なぜブラピはアンジーの政界進出を反対するのか?

ブラピが許せなかったこと。

それは、アンジーが人道支援とはいえ、中東のような紛争地へ自分たちの子供たちを同伴させること

 

これは子を思う親の立場としては当然の感情ですよね。

アンジー1人が人道支援活動を行うのであれば、ブラピも今まで通り、協力的な姿勢を保っておりましたが、自分たちの子供が絡むと話は別でしょう。

ここ数年、このことはアンジーとブラピの間で争いの種になっていたようです。

 

スポンサードリンク

 

今後、二人の離婚協議は長引きそう

アンジーは6人の子供たちの親権も要求している

2002年:カンボジアよりマドックス君を養子として迎える
2005年:エチオピアよりザハラちゃんを養子として迎える
2006年:二人の間に、実子のシャイローちゃんが生まれる
2007年:ベトナムよりパックス・ティエン君を養子として迎える
2008年:実子の双子、ノックス・レオン君とヴィヴィアン・マーシェリちゃんが生まれる

二人の間には6人の子供がいます(うち3人は養子)。

6人全員の子供の親権をアンジー側が要求しているため、ブラピとの離婚協議は長引く可能性があります。

 

アンジーの離婚意志は決して揺らがないだろう

アンジーは2013年の5月に両乳房切除、2015年3月にはガン予防のため卵巣・卵管の摘出手術を受けております。

女性にとって大切な乳房を切除することは、非常につらいこと。

アンジーの行為は勇敢な行動として、日本でも大きく報じられました。

 

一方で、「そこまでやるか?」といった意見も出ました。

これに対し、アンジーは世の女性たちのために以下のコメントを残してくれております。

もっと若い女性なら、卵管を除去しつつ、卵巣を残すという選択肢もある。そうすれば、閉経せず、妊娠も可能なままなのだという。私には、BRCA1の遺伝子突然変異があります。しかし、それだけを理由に、手術を決めたのではありません。

私以外の女性の方に、聞いてほしいのです。BRCA検査が陽性だからといって、即手術というわけではありません。私はたくさんの医師や、外科医や、自然療法家と話をしました。他にも選択肢はあります。

経口避妊薬を服用する方もいれば、代替医療に頼りつつ、頻繁に検査を受ける方もいます。どんな健康問題に関しても、対策は1つではありません。1番大切なことは、選択肢について知り、その中から自分の個性に合ったものを選ぶことです

 

アンジーの行動には賛否両論あると思います。

しかし全ての選択肢を検討したうえで、自分自身が決断したことなので後悔は一切ないでしょう。

 

いずれにせよ

アンジーの「これからも生き続ける」という強い意志

を感じざるを得ません。

 

今、アンジーは強い使命感をもって生きているはずです。

その使命を全うするために、アンジーは驚くべき意志力と行動力をもって、人生の後半戦を生きていくのでしょう。

 

アンジーがこれから進んでいく道に、ブラピは100%同調できなくなってしまった。

結局、離婚原因はそこにあるのだと思います。

決して、浮気や暴力といった痴話ケンカじみたことではないと信じたいです。

 

 

いずれにせよ、理想のベストカップルと思っていただけに、今回の離婚報道は本当に残念です。

しかし、二人の今後の進むべき道が分かれてしまった以上、しょうがないことなのかなとも思います。

 

 

スポンサードリンク